3DSでSDカードの容量が足りないと出たら大容量のSDHCカードに交換しよう

slooProImg_20160401195529.jpg

ニンテンドー3DSには記録用のメモリカードとしてSDカードついていますが、SDカードの容量が足りないとエラーメッセージが出るようになってしまったら、大容量のSDHCカードに交換した方が良いです。

 

今回は、3DSのSDカードの容量が足りなくなった時に容量の確認方法や、交換用に3DS、3DS LLでどんなSDHCカードを選んだら良いのか?などについてまとめました。

New 3DS、New 3DS LLではSDカードではなくmicroSDカードに変更になったので、交換もmicroSDHCカードを選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

3DSのSDカードの容量について

3DSのSDカードの容量は、初期にセットされているものは2GB(2ギガバイト)でした。

最初私が遊ぶ用に買った3DSなので、買った当初は2GBあれば余裕と思っていました。

でも子供が段々使いこなすようになり、ダウンロードソフトやコンテンツ、録音データ、写真や動画の撮影・保存などをするようになったら急にSDカードの容量が足りないというメッセージが出るように。

特に大きいのがダウンロードソフトと追加コンテンツです。

3DSのSDカードの空き容量を確認する方法

SDカードの容量を何がどれだけ取っているのかまず確認してみるやり方です。

3DSのHOMEメニューより本体設定を選択
データ管理をタッチ

Nintendo3DSデータ管理をタッチ
ソフト管理をタッチすると上の画面に空きブロック数が表示されます。

また追加データ管理や追加コンテンツ管理をタッチしても空きブロック数は確認できます。

ブロック数って?

ちなみにこのブロックという単位は、Nintendoゲームキューブあたりからの任天堂特有の容量の単位のようですが、どれくらいの容量のSDカードが必要か考えるのに逆にわかりにくくなっているんですよね…^^;

もうパソコンやiPhoneが普及してiPhone 32GBとかでデジタル機器の容量単位に関してはバイト数で表すのが一般的なので、任天堂もWii UではGB単位での表示になっています。

ブロックをバイト換算で表すと以下のようになります。

1ブロック=128KB
1,000ブロック=128MB
10,000ブロック=1.28GB

逆に2GBのSDカード=約16,000ブロックの容量になります。

一番容量を食うのはダウンロードしたソフトです。

うちでは大合奏!バンドブラザーズP デビューという音ゲーで4312ブロック使っています。

また追加コンテンツなどでは、
妖怪ウォッチ2 本家で1000ブロックほど使われています。

妖怪ウォッチ2はパッケージ版で購入していてゲームカードを差して使っているのでダウンロード版のように容量は取らないですが、それでもゲームのアップデートで追加コンテンツをダウンロードしてくるので、それなりの容量になっていきます。

3DS交換用のSDカードの選び方

ブロック数・容量を増やすために現在よりも大きい容量のSDカードにする必要がありますが、
容量が多ければ多いほど良いのかというとそうではありません。

任天堂のホームページには以下の記述があります。

Q. ニンテンドー3DS/3DS LL/2DSで使えるSDカードは何ですか?

A. ニンテンドー3DS/3DS LL/2DS本体は、2GBまでのSDメモリーカードと、4GB以上32GBまでのSDHCメモリーカードに対応しています。
本体付属のSDカード、および、任天堂純正のSDカード:512MB[RVL-020] / 2GB[RVL-033] / 8GB[RVL-037] / 16GB[RVL-038] をご使用いただけます。

4GB~32GBのSDHCメモリーカードに対応となっていますので、64GBとか買っちゃったら対応できないのです。

ちなみにSDカードは容量の大きさによって種類が変わります。

  • SDカード(~2GB)
  • SDHCカード(4GB~32GB)
  • SDXCカード(64GB~)

の3種類があります。総称してSDカードと言ったりしますが、正式には別の種類になります。

Nintendo 3DSで使えるのは、SDHCカードの32GBまでですので注意しましょう。

3DSでSDHCカード交換の場合、どれくらいの容量がおすすめ?

これは3DSでの遊び方にもよります。

ダウンロードゲームが多いなら最大の32GBのSDHCカード

パッケージ版ではなくDL版ソフトをよく利用するなら最大容量の32GBにした方が良いです。

なぜなら、パッケージ版を買わずにダウンロード版のソフトを購入した場合に、ダウンロードに必要なSDカードの空き容量は以下のようにかかります。

子供に人気のゲームで、これくらいありますがモンハンなど4GB とか容量とるゲームもありますので、結構SDカードの容量を使うんですね。

ポケットモンスター オメガルビー 最大1.8GB(最大15,000ブロック)
妖怪ウォッチ2 本家  最大1.862GB(14894ブロック)
どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー 最大1GB(8,200ブロック)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS 1.2GB以上(9,320ブロック以上)
ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2   1GB(8,200ブロック)

基本ゲームはパッケージ版を買うなら8GBか16GBのSDHCカード

うちではゲームはパッケージで買うからという場合には8GBか16GBのSDHCカードがおすすめです。

我が家も2GBでは足りなくなりましたが、16GBのSDHCカードでまだ10万ブロック以上余っています。これは12GB以上空き容量があるという事です。

SDHCカードのメーカーはどこが良いのか?

安心感があるのは任天堂が動作確認を行っているメーカー型番のSDカードを利用することです。ただ動作確認をしているだけで動作保証をしているわけではありません。

 

また当社では以下のSDカードについて動作確認を行っております。(最終更新日: 2014.12.9)

引用:任天堂のホームページ

SanDisk Extreme

8GB  (SDSDXL-008G-J35)
16GB (SDSDXL-016G-J35)
16GB (SDSDXL-016G-JU3)
32GB (SDSDXL-032G-J35)
32GB (SDSDXL-032G-JU3)

SanDisk Extreme PLUS

8GB  (SDSDXS-008G-J35P)
16GB (SDSDXS-016G-J35P)
16GB (SDSDXS-016G-JU3)
32GB (SDSDXS-032G-J35P)
32GB (SDSDXS-032G-JU3)

SanDisk Extreme PRO

16GB (SDSDXPA-016G-J35)
16GB (SDSDXPA-016G-JU3)
32GB (SDSDXPA-032G-J35)
32GB (SDSDXPA-032G-JU3)

SanDisk Extreme SDHC [生産終了]

4GB (SDSDX-004G-J35, SDSDX-004G-J95, SDSDXG-004G-J35)
8GB (SDSDX-008G-J35, SDSDX-008G-J95, SDSDXG-008G-J35)
16GB (SDSDX-016G-J35, SDSDX-016G-J95, SDSDXG-016G-J35)
32GB (SDSDX-032G-J35, SDSDX-032G-J95)

パナソニック Premium

8GB (RP-SDUB08GJK)
16GB (RP-SDUB16GJK)
32GB (RP-SDUB32GJK)

レキサー Platinum II

8GB (LSD8GBBBJP200)
16GB (LSD16GBBJP200)
32GB (LSD32GBBJP200)

 

これ以外のSDHCカードでももちろん問題なく、動きます。

左:3DS付属のSDカード(2GB)  右:交換したTranscend SDHCカード(16GB)

うちは安い、Amazon限定のTranscend SDHCカード 16GB Class10 (無期限保証) TS16GSDHC10E (FFP)というものを1000円弱で買ってトラブルなく動いています。(2015年10月購入)

値段の差はデータ読み書きの転送速度性能だったり、日本製かなどで変わってきます。うちではそこまで気になりませんが、読み書き速度が速い方が3DSの使用でも変わる可能性はあります。
デジカメの連射速度などは割りと顕著にわかります。

スポンサーリンク

SanDisk(サンディスク)、東芝のSDカードは評価が高いです。

 

交換用のSDHCカードが用意できたら3DSのSDカードデータ移行のやり方はこちらから

 

New 3DSの場合はmicroSDHCカードを選ぶこと

New 3DS、New 3DS LLでは、SDカードの種類が変更され、小型のmicroSDカードになっています。なので交換する場合にもmicroSDHCカードを選ぶ必要があります。

パソコンへデータを移す時など、SDカードの差しこみ口しかない場合にはSDカードアダプターを使う事でmicroSDHCカードのデータを移せます。

microSDからSDカードへの変換アダプター
100均のダイソーなどに売っている場合もあるようです(うちの近所では見つかりませんでした)

ちなみに、microSD→miniSDカード→SDカードに変換するアダプターなどもあります。
SDカードアダプター

 

初期で付属のmicroSDHCカード容量は4GBですので、容量が足りない場合に、8GB~32GBまでのmicroSDHCカードでの交換になります。

動作確認済みmicroSDカードの情報(任天堂HPより)

任天堂純正のmicroSDカード:16GB[KTR-011] / 32GB[KTR-012] ○他社製の、動作確認済みmicroSDカード(※)(最終更新日: 2014.10.10)

SanDisk Extreme
16GB (SDSDQX-016G-J35A, SDSDQXL-016G-J35A)
32GB (SDSDQX-032G-J35A, SDSDQXL-032G-J35A)
SanDisk Extreme PLUS
16GB (SDSDQX-016G-J35PA)
32GB (SDSDQX-032G-J35PA))
SanDisk Extreme PRO
16GB (SDSDQXP-016G-J35A)
32GB (SDSDQXP-032G-J35A))
東芝
8GB (MU-B008GX)

 

3DSのSDカードを交換したくないという場合は削除するしかない

SDカードを交換したくない場合には、SDカードのデータを削除して空き容量を増やすしかありません。

  • ダウンロードソフトの中で容量を食っている1000ブロック以上のソフトを削除
  • 写真・動画データがあればファイルを削除

で、使っているSDカードの空きブロックを増やせます。

ソフトの削除は、本体設定→データの管理→3DSデータ管理→ソフト管理で消したいソフトをタッチすることで削除が選べます。

写真・動画データの削除方法

ニンテンドー3DSカメラを起動し、写真/ムービーを見るをタッチ

削除する写真や動画を選択しAボタンを押すとゴミ箱マークが出るのでタッチ

この写真を消去します、よろしいですか?と出るので、消去するをタッチすると削除ができます。

一括で削除したい場合には、ニンテンドー3DSカメラを起動してから設定を選択し、データ管理→全て消す SDカードをタッチすると、SDカード内の写真データが一括削除されます。

削除する前に、SDカードの写真データを一旦パソコンに保存しておきたい場合には、パソコンでSDカードを読み込むと、「DCIM」フォルダが写真・動画データなのでそのフォルダをまとめてパソコンにコピーしておくとバックアップができます。

 

まとめ

3DSのSDカードが容量が足りないとエラーメッセージが出たら、容量不足になっているので、大容量のSDHCカードに交換しましょう。

3DSで使えるSDカードについてまとめてみました。

3DSのSDカードの容量について

初期についているSDカードは2GBです。ソフトをダウンロードしていたりするとサイズが大きいので、空き容量が足りなくなってきます。

3DSのSDカードの空き容量を確認する方法

3DSから空き容量を確認するには、本体設定のデータ管理から空きブロック数を確認することができます。

3DSのブロック数とは

ブロック数とは任天堂が独自に設定している容量の単位で、1ブロック=128KBになります。
2GBのSDカード=約16000ブロックとなります。
3DS交換用のSDカードの選び方

交換する為にSDカードはどういう風に選べば良いのかまとめてみました。

3DSでSDHCカード交換の場合、どれくらいの容量がおすすめなのか

ダウンロードゲームが多いなら最大の32GBのSDHCカード
基本ゲームはパッケージ版を買うなら8GBか16GBのSDHCカード

となります。

SDHCカードのメーカーはどこが良いのか?

SDHCカードもたくさんあってどこのメーカーのものが良いのか迷いますが、安心感があるのは任天堂が動作確認しているメーカー・型番のSDカードを選ぶことです。

でもAmazonで買った安いSDHCカードでもトラブルなく動いていますので、動かないわけではありません。

New 3DSの場合はmicroSDHCカードを選ぶこと

New 3DSになってSDカードがmicroSDカードに変更になりました。

なので交換する場合にもmicroSDHCカードを選ぶ必要があります。

 

3DSのSDカードを交換したくないという場合はデータを削除するしかない

交換しないでSDカードの空き容量を増やすには、不要なソフトや写真データなどを削除することで空きブロック数を増やすことができます。

 

スポンサーリンク



2016年ももうすぐ終わりですね

slooProImg_20160401195529.jpg

2 件のコメント

  • > 左:SDカードアダプター  右:microSDカード

    としている箇所の、左側の画像が間違っています。
    > ちなみに左のはSDカードアダプターといって、microSDカードを
    > 差し込むことでSDカードとして使える

    画像はmicroSD用ではなく、miniSD用のアダプタです。これに直接microSDカードを入れても、SDカードとして使える事はできません。
    miniSDカード用アダプタ自体は、現在では店頭でほぼ見かけない代物ですが、10年ほど前はminiSDカードがそこそこ普及していたため、アダプタも各家庭にそれなりに存在すると思います。ですので、この記事を信じて「使えないぞ!何で?」と思う人もいないとも限りません。
    microSDカード用アダプタはmicroSDカードに付属している場合もありますし、単品でも電気店や量販店のほか、百均でも入手可能ですので、画像を差し替えられることをお勧めします。

    • ご指摘ありがとうございます。

      うちにあったのが、microSD→miniSD→SDカードに変換できるアダプターだったので、画像を差し替えました!
      また、microSD→SD変換アダプターの画像も追加しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です