デジカメの写真をiPhoneに移すやり方

デジカメで撮った写真をiPhoneに取り込み、iPhone内で見たりしたいって時ありますよね。また、一眼レフなどで撮影した綺麗な写真をインスタグラムやフェイスブックなどSNSに投稿したいなどもあります。

今回は、デジカメの写真をiPhoneに移すやり方についてまとめてみました。

今まではパソコンに取り込んでというやり方が一般的でしたが、直接iPhoneに接続して転送する方法もありますよ。一眼レフでいい写真が撮れたらサクサクとSNSにアップしちゃいましょう。

スポンサーリンク

デジカメの写真をiPhoneに移す方法

デジカメで撮影した写真をiPhoneに入れるやり方としては以下の方法があります。通常デジカメの保存メディアはSDカード(SDHCカード)ですので、SDカードを読み込むパソコンまたはSDカードリーダーを使ってiPhoneなどのスマホに写真を移すことが出来ます。

  • Apple純正のSDカードカメラリーダーで直接デジカメからiPhoneに転送
  • デジカメのSDカードをパソコンで取り込みiPhoneに移す
  • Wi-Fi SDカードリーダーでiPhoneに転送する
  • Wi-Fi SDカードを使いiPhoneに転送する

 

この中で最も簡単にiPhoneに移すやり方は、SDカードカメラリーダーで直接デジカメとiPhoneを接続する方法です。一般的な方法はパソコンでSDカードの写真を一旦移しておくことでしょうか。

Apple純正のSDカードカメラリーダーで直接デジカメからiPhoneに取り込む

Apple純正のSDカードカメラリーダーを使用し、直接デジカメとiPhoneを接続して、写真を移すやり方です。一番簡単・シンプルな方法です。iPhoneに特別なアプリを入れる必要もありません。

SDカードをリーダーに差し込むとiPadやiPhoneの写真アプリケーションが自動的に開き、写真が「モーメント」「コレクション」「年別」に整理されます。

SDカードカメラリーダーはAmazonなどを見ると他のメーカーで安価なものもありますが、相性などがあり純正品じゃないと認識しないなどのトラブルが発生しがちですので、Apple正規販売店で購入をおすすめします。

AmazonでApple純正品のように販売されている商品がありますが、本当に純正品なのかちょっと怪しいですし、定価よりも高いので注意が必要です。

デジカメのSDカードをパソコンで取り込みiPhoneに移す

パソコンがあり、SDカードスロットがついていれば、まずパソコンにSDカードの写真を取り込み、パソコンからiPhoneに写真データを移す事ができます。

パソコンさえあれば一番スタンダードな方法。SDカードのバックアップ方法としてもやり方は知っておいた方が便利。

SDカードスロットがない場合
SDカードリーダーが必要です(1,000円弱で買えます)

SDカードをパソコンのSDカードスロットに差し込むと、リムーバブルディスクまたはSDカードとして認識されます。

スポンサーリンク
SDカードをパソコンで読み込み認識

また、デジカメによってはパソコンとUSBケーブルで接続して写真を転送できる機種もあります。

パソコンからiPhoneに写真を転送する場合については

  • 転送アプリを使って行う
  • Googleフォトなどクラウドストレージサービスを使ってiPhoneからダウンロードできるようにする

などがあります。

詳しくは

パソコンからiphoneに写真を入れる(送る)方法|簡単に転送アプリで昔の写真を移す

iPhoneの写真バックアップ方法!無料で容量無制限のGoogleフォトがおすすめ

 

 

デジカメからWi-Fi SDカードリーダーでiPhoneに送る

Wi-Fi SDカードリーダーでSDカードを読み込み、iPhoneに転送する方法もあります。これはWi-FiでSDカードリーダーとiPhoneを直接に繋ぐ技術を利用しています。(アドホック接続)

Wi-Fiの環境がなくても野外のどこでも利用できます。
デジカメの写真をその場で友達のスマホなどに送るのにも使えます。(事前にアプリのインストールが必要)

このWi-Fi SDカードリーダーを使うメリットとしては、iPhoneだけではなくWi-Fiが使えるスマホならAndroidでも何でも利用できるので汎用性がある所です。

Wi-Fi SDカードリーダー

 

デジカメのメディアにWi-Fi SDカードを使いiPhoneに転送

デジカメで写真を保存するのに最初からSDカード自体をWi-Fi(無線LAN機能)内蔵のSDカードにする方法があります。

メリットは、デジカメで撮影した写真をすぐに直接iPhoneに転送→SNSに投稿という流れに一番手間がありません。

インスタなどにちょくちょく投稿したいならWi-Fi SDカードが便利。
一眼レフでいい写真が取れたらすぐにアップできます。

デジカメでよく撮影して、その写真をインスタやフェイスブックなどのSNSに投稿したいなど、頻繁に写真を転送したいならWi-Fi SDカードの利用を考えてみても良いでしょう。

Wi-Fi SDカード

まとめ

デジカメの写真をiPhoneに移す方法をまとめてみました。せっかく一眼レフなどのデジカメでいい写真が撮れたら、インスタなどにもアップしていきたいですよね。

デジカメの写真をiPhoneに移す方法

Apple純正のSDカードカメラリーダーを使って、ダイレクトでデジカメからiPhoneに写真を転送する方法

特別なソフトいらず、パソコンなしでも出来る方法です。

デジカメのSDカードをパソコンで取り込みiPhoneの写真を移す

一般的な方法です。パソコンにSDカードスロットが必要になります。

デジカメからWi-Fi SDカードリーダーで写真をiPhoneへ送る

Wi-Fi機能のついたSDカードを使って、iPhoneへ写真を送る方法です。インスタなどによく投稿したい場合にはWi-Fi SDカードが便利ですね。

パソコンからの写真の取り込み手順が面倒でなかなかSNSにアップできなかった人は、SDカードカメラリーダーや、Wi-Fi SDカードなどを利用してどんどんいい写真をアップしていきましょう♪

やっぱり人とシェアできると、写真を撮るモチベーションもアップしますよね^^

スポンサーリンク



2016年ももうすぐ終わりですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です