iPadで充電できない時の原因と対処法まとめ

slooProImg_20160406182809.jpg

iPadを使っていると急に充電できなくなる事があります。

我が家のiPad Airが充電できない時に色々調べて、こんな原因があったのか!と詳しくなったので、充電できない原因と対処法についてまとめてみました\(^o^)/

 

簡単に解決できる原因・対処法の順番で書いてありますので、参考にしてくださいね~。

ケーブルの接触が悪い

とりあえずiPadの充電ケーブルを差し直してみましょう。これで普通に充電できるようになる場合があります。ケーブル抜き差ししていると、たまにきちんと接続できていない場合があるんですよね。

iPadの充電コネクタにホコリがたまっている

iPadの充電の差しこみ口にホコリ・ゴミが溜まっていて充電のライトニングケーブルとの接触がしにくくなっている場合があります。

何かゴミが見えた場合に、赤ちゃん用の小さい綿棒か爪楊枝などで優しく取ってあげると良いですよ。

 

フリーズしている

iPadがフリーズしていて充電ができない場合があります。

なのでiPadを再起動してみましょう。これでも案外直ります。

iPadの再起動の方法は、

右上の電源オンオフボタンを長押し
「電源を切る」が画面に出たらスライドする

で電源が切れますので、電源が無事に切れた事を確認したら、再度電源ボタンを押します。

 

とりあえず困ったら再起動です\(^o^)/

 

バッテリー使いきり過ぎ

充電0%になり充電切れで電源が切れるまでiPadを使い倒していると、充電しようとケーブルに接続しても、一向に画面が黒い・赤い電池のアイコンが表示されている場合があります。

ipad_juden
スポンサーリンク

なんだこれ?と電源つけたり、ホームボタン押したり、ケーブル抜いたり差したりしないで、10分以上は充電したまま放置しておきましょう。

 

充電器がiPad付属のUSB電源アダプターではない

iPadに付属している充電器(USB充電ACアダプター)を使っていない場合、物によっては一向に充電できない場合があります。

iPad付属のApple純正のUSB充電アダプターを使用してみてください。

問題なのは電流の量

  • iPad付属のUSB充電ACアダプターは5V/2100mA(2.1A)
  • iPhoneやiPod、Amazon Fire HDなどのアダプターは5V/1000mA(1.0A)

iPhoneなどの充電器でも充電できない事はないのですが、給電する量が1/2となるので単純に充電するのが遅くなります。

また、500mA以下の何かの機器の電源アダプターを代用して使っている場合、電流不足で充電されないことが考えられます。

特に、バッテリー残量が少なすぎて充電しようとしている場合にいつまで経っても黒い画面となる場合があります。

ダイソー(100均)のUSB充電アダプターはiPad使用不可?

ダイソー(100均)のUSB充電アダプターにはiPadでは使用できませんと注意書きが書かれています。

でも、ダイソーのUSB充電アダプターも5V/1000mAで、iPhone付属のアダプターとアンペアは一緒なので充電できないほどではないんですよね。

うちでは、電流の違いをよくわかっていない頃に夫がダイソーで買ってきたアダプターで普通にiPadで充電してました…。

うちでは気にせず使っていましたが、iPadには使用できませんと書かれているなら敢えて使用しない方が良いかもしれませんね。

 

iPadの充電をパソコンのUSBポートでしている

パソコンのUSBポートにLightningケーブルでiPadを接続して充電しようとしても、「充電されていません」と表示され、PCからの充電ができません。

これはWindowsのパソコンのUSBポートからの電流が5V/500mAと、低い為です。

 

iPadを充電するほどの電流が足りていないので「充電されていません」という表示が出てしまうようです。

iPhoneではパソコンでUSB充電できるのにiPadでは充電できないだ~ってそういう事だったのか!と調べてみて勉強になりました。

 

MacではiPadも充電できるらしい

私はMacを持っていないので調べた結果ですが、最近のMac(Macintosh)なら5V/1.1Aの給電ができるUSBポートなので、MacのパソコンならiPadの充電もできるみたいです。

 

Apple非純正/非認証のケーブルを使用している

「このアクセサリは使用できません」というエラーメッセージが出てケーブルを挿しても充電できない時、

Apple純正のUSBLightningケーブルまたは、Appleの認定を受けたケーブル以外を使用するとそのような表示が出ます。

また、今まで使えていても、iOSアップデートのタイミングなどで急にエラーメッセージが出る場合があります。

スポンサーリンク
  • Apple純正のケーブル
    (iPhoneのでも大丈夫です)
  • Apple認証ケーブル
    Apple MFi(Made for iPhone)ライセンス取得認定品

のどちらかで充電を試してみましょう。

 

充電ケーブルの故障(断線・端子の腐食など)

以上の事を試していて、またApple純正品または認定品のケーブルを使用しているのに充電できない場合、充電ケーブルの故障が考えられます。

  • ケーブルを挿し直す
  • コネクターを裏表試してみる

などを試しても充電できない場合、ケーブルの中が断線または、差し込みのコネクター(金属の端子)の部分が損傷・腐食して充電ができなくなっている場合があります。

iPhone、iPadのケーブルって結構壊れやすいので、この可能性も高いです。

その場合には充電ケーブルを新しいものに交換してみて充電できるか試してみましょう。

 

保証期間内ならiPad付属の充電ケーブルが無償交換になる

iPadを購入して1年以内、またはAppleCare(アップルケア)に入っていて保証期間内であればケーブルの無償交換が利用できます。

保証期間内で、

  • 故意に壊していない
  • 純正品である

なら、ケーブルの無償交換を依頼してみることをおすすめします。

うちの場合、iPad Airを購入した時にはAppleCareに加入しておらずちょうど保証期間の1年が切れた時にケーブルが断線のようになりました。ケーブルを買い替えましたが、早く知りたかったです(><)

iPhone6のケーブルも充電できなくなって1回無償交換を利用しています。

 

まとめ

iPadが充電できない場合の原因と対処法についてまとめてみました。
iPadのLightningUSBケーブルの接触が悪い

接触が悪いと充電できない時がありますので、抜き差ししてみましょう。案外普通にまた充電できたりします。
iPadの充電コネクタにホコリがたまっている

充電の差込口にホコリ・ゴミがたまっているとケーブルを差し込んだ時に接触不良を起こして充電出来ない時があります。

赤ちゃん用の綿棒や爪楊枝などで優しく取ってあげましょう。
フリーズしている

iPadが一時的にフリーズしていると充電がされない場合があります。そういう時はiPadの再起動を行いましょう。

とりあえず何か変だなと思った時は再起動です。

 

バッテリー使いきり過ぎ

充電が0%になるまで使い続けてバッテリー残量が少ない状態だと、充電をしていてもなかなか黒い画面のまま動かない場合があります。

10分以上は待ちましょう。
充電器がiPad付属のUSB電源アダプターではない

充電器がiPadに付いていたUSB充電ACアダプターではない場合、充電されない状態になる事があります。

iPadは必要な電流量が多いので、昔の機器のアダプターを代用していたりすると電流が低すぎて充電されない状態になる場合があります。

純正のiPad付属の電源アダプターに変えてみましょう。

ダイソー(100均)のUSB充電アダプターはiPad使用不可?

100均のUSB充電アダプターはiPadでは使用できませんと注意書きが書かれています。

1.0Aですので、iPhoneのものなどと一緒なので使えないわけではないと思いますが、気になるなら使わないようにしましょう。

iPadの充電をパソコンのUSBポートでしている

WindowsのパソコンのUSBポートに繋いでiPadを充電しようとしても、USBポートの電流が500mAしかないので、電流不足で充電がされません。

Macでは給電量が1.1Aあるらしいので、iPadも充電できるみたいです。
Apple非純正/非認証のケーブルを使用している

認証されていないLightningケーブルでは認識エラーで、このアクセサリーは使えませんとなって充電できない場合があります。

Apple純正か、MFi取得している認証ケーブルに変えてみましょう。
充電ケーブルの故障(断線・端子の腐食など)

iPadのケーブルは結構壊れやすいです。

中で断線していたりして充電できない場合があります。
保証期間内ならiPad付属の充電ケーブルが無償交換になる

純正品のケーブルで、わざと破壊などしていなければ保証期間内ならケーブルの無償交換が可能ですので利用をおすすめします。

 

以上のことを試してみても充電できない問題が解決されない場合、iPad本体のトラブルで、電源周り、充電コネクタ部分などの損傷・故障が考えられます。

この場合はiPadを修理に出すしかありません。

 

 

スポンサーリンク



2016年ももうすぐ終わりですね

slooProImg_20160406182809.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です