Amazonが配送業者(デリバリープロバイダ)の場合のWebから再配達のやり方

Amazonで注文したら、ポストに見慣れない赤い紙の不在連絡票が入っていました。

ヤマトでもなく、佐川でもなく、日本郵便でもなく…どこの配送業者なのかわからない…。

これはどうやら、Amazonデリバリープロバイダ(ADP)というもので、Amazon.co.jpと提携している配送業者から配送されたもののようでした。

Amazonのデリバリーサービスプロバイダの不在連絡票

ところで、このAmazonの不在連絡票。

  • 担当ドライバー直通の電話番号がない
  • 再配達自動音声受付の電話番号が記載されているのみ

で、Amazonデリバリープロバイダーだといつもこういうものなのか?わかりませんが、自動音声での電話再配達受付って正直面倒だと感じます。(極度の面倒くさがりです)

なので、Web上で再配達を依頼したい…!と思い調べてみたところ、Webから再配達依頼もできて楽でした。

この記事では配送業者がAmazonデリバリープロバイダだった場合の、Web上での再配達依頼のやり方をまとめています。

目次

スポンサーリンク

Amazonデリバリープロバイダ Webでの再配達のやり方

まず該当の商品の配送状況のページへアクセスします。

Amazonのメールから配送状況に移動する方法

Amazonから「ご不在のご連絡」という件名でメールが届いていますので、メールを開いて「配送状況」をクリックすると該当の商品の配送状況の確認ページに直接アクセスができます。

AmazonのWebサイトの注文履歴から配送状況に移動する方法

AmazonのWebサイトにアクセスしてログイン、「注文履歴」→「配送状況を確認」からでもいけます。

 

 

Amazon Webサイトの配送状況確認ページから再配達を依頼するを選択

配送状況確認ページの下の方にある、Amazonが配送の枠の中の「再配達を依頼する」を選択します。

 

するとポップアップで、再配達の日時を選択するウィンドウが開きます。

  1. 配達日を選択
  2. 利用可能な時間から時間帯を選択
  3. 再配達を依頼するをクリック

で再配達依頼は完了となります。

配送状況確認ページで、「注文が正常に再スケジュールされました。」と表示され、スケジュールが指定した再配達日時に変更されています。

これで特に問題なく、再配達がされました。配送業者も変わらずデリバリープロバイダの方でした(最近、何回か来ている方だった)

再配達依頼後、指定した配達日にAmazonからメールで、「本日到着予定」としてまた再度メールが送られてきていました。

まとめ

配送業者がAmazonとなっている、Amazonデリバリープロバイダ(ADP)だった場合の、Webからの再配達依頼のやり方をまとめました。

担当ドライバーに電話が繋がってくれるのが一番ありがたいですが、Webでの再配達依頼もAmazonのサイトから直接システムが繋がっているのである意味、楽といえば楽だったかも…と思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Amazonで買うならギフト券チャージがお得!

Amazonで買い物するなら、Amazonのギフト券払いがかなりお得。

1回5,000円以上の現金チャージで、最大2.5%のポイントがもらえます。

更に、今なら初回限定で1,000ポイントゲットキャンペーンが開催中。

Amazonギフト券は10年間有効なのでセール時に家電など大きな買い物に使うともらえるAmazonのポイントは1ポイント=1円換算で買い物にも使えます。

  • キャンペーンページにいって「キャンペーンにエントリーする」ボタンを押して「エントリー完了」になったらチャージを行うことで反映されます。

アカウント開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外なので注意!

この記事を書いた人

でじままらいふ♪管理人の「ゆるりた」と申します。生活を便利にするデジモノや家電が大好きです。ブログでは便利アプリ・サービスの紹介や、iPhone・パソコンなどのハウツー記事を中心に書いています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる