iPhone・iPadでKindle本を読み上げ!iOSの読み上げ機能を使って音声で聴く方法を解説

この記事では、iPhone・iPadでKindle電子書籍を音声で読み上げする方法を解説しています。

iOSで標準でついている読み上げ機能を使うと普通のKindle本もオーディオブックみたいに音声で聞くことができるので超便利です!

Kindle Unlimited読み放題本でもできるし、家事しながらとか、眼精疲労で目を使いたくない時とかに読み上げてもらっていますが便利ですよ~。

目次

iPhone・iPadで読み上げ機能を設定する

iPhone・iPadでKindle本の音声読み上げを行う場合、iOSの読み上げコンテンツ機能(iOS13より前はスピーチ機能)を使います。

iOSの設定から読み上げコンテンツ機能をONにする(iOS13以降)

iPhone設定アプリ

まず設定から読み上げ機能をONにします。

  1. iPhone・iPadの設定アプリを開く
  2. アクセシビリティを選択する
  3. 読み上げコンテンツを選択する
  4. 「画面の読み上げ」をタップしてONにする

これでiPhone・iPadでの読み上げ機能がオンになりました。

読み上げコントローラーを表示する

次にiPhoneで読み上げコントローラーを表示する方法です。ちょっとわかりにくいです。

iPhoneの画面を上から二本の指を同時にタップ&押さえながら下へスワイプします。すると、読み上げコントーローラーが表示され、今開いている画面のテキストの音声読み上げが開始されます。

読み上げコントローラーを常時表示する方法もある

読み上げコントローラーを設定で常に表示しておく使い方もできます。私は最近はずっと常時表示にしています。

「読み上げコントローラ」をタップし、コントローラを表示をタップしてONにすると、常に画面にコントローラーが表示されるようになります。

常にコントローラーが表示されているのって邪魔そうですが、コントローラーはタップすると、下に配置したり、右側に配置したり好きに動かせます。

また、使用していない待機状態のときは、不透明で薄くなるので、そこまで邪魔ではありません。

iPhoneの読み上げコントローラーの位置は変更できるし不透明度も変えて目立たなくさせることもできる
iPhoneの読み上げコントローラー設定

設定で「待機状態時の不透明度」を更に下げる(不透明度の数を小さくする)ことで、より目立たなくさせることもできます。

デフォルトの設定は35%ですが、10%とかにするとかなり薄いですね。

コントローラーの場所を上部、下部ギリギリにするとメニューにかかってちょっと邪魔だったりもしますが、すぐにタップして移動できるのでお好きな位置にどうぞ。コントローラーの場所は、最後の位置で自動で保存されます。

iPhone・iPadでKindleアプリからの読み上げ再生・使い方

Kindleアプリを開いて、読みたい電子書籍を開きます。Kindle Unlimited読み放題対象本でも問題なく読み上げ可能です。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

表紙や目次などはページ送りで飛ばして、文章のページをまず開き、コントローラーを長押しすると、iPhoneが読み上げが開始されます。

タップすると、読み上げのバーが開くので、再生・停止や速度を倍速など変更ができます。

自動でページ送りをして読み上げてくれるので、家事しながらとか、あんまり目を使いたくない時とかに聞くととても便利です!

iPhone読み上げコントローラーの操作説明

  1. 手指のアイコンをタッチして文章の途中をタップするとそこから読み上げ開始されます。
    ※ただしKindle本の場合は、ページの最初からにしかなりません(私が試し範囲では)
    Webページの文章はパラグラフごとに区分されていて、途中から読み上げできます。
  2. ページ戻りで1ページ前の文章が読み上げられます。
  3. 読み上げ再生・停止ボタン
  4. ページ送りで1ページ後の文章が読み上げられます。
  5. 読み上げスピードをタップで変更できます。
    1. 1倍速(等倍)
    2. 1と(1/2)倍速(1.5倍速)
    3. 2倍速
    4. 1/2倍速(0.5倍速)

iPhone・iPadでKindle読み上げを使う時の注意点

iPhone・iPadでKindle(キンドル)電子書籍の読み上げを使う際の注意点

図や表だけのページだと読み上げが中断する

ページに図表が出ると読み上げが中断される場合があります。

ページに図表があっても文章が入っていればそのまま読み上げは続行されますが、図表だけしかないページだと、iPhone側が読み上げる文章がないと判断し、読み上げが中断します。

この場合はKindleアプリからページ送りをして、再度読み上げコントローラーを再生して読み上げ開始にするしかなさそうです。

文章が画像化されているKindle本はiPhone・iPadでも読み上げできない

Kindle本の中には文章が画像化されているものがあります。一部だけでなく全編文章が画像化されている本は、iPhoneでも読み上げ不可ですのでご注意ください。

図解主体のハウツー本の場合、全編画像になるのかもしれません。以下の本は、読み上げ不可でした。

Kindleでの雑誌やマンガは読み上げ不可

基本的にKindle本でも、雑誌やマンガは全編画像化のため読み上げ不可のようです。

なお、マンガでわかる系の本の場合、マンガ部分は画像で読み上げ不可ですが、文章部分は読み上げ可能な本もあったり、全編画像化で読み上げ不可だったりと、Kindle本によりマチマチです。

Kindle読み上げ中iPhoneでバックグラウンド再生は可能だが中断する

iPhoneでKindleを読み上げ中に、ブラウザとかで別のページ見たりとバックグラウンド再生ができます。

ただし、ページが変わったら中断しますので、再度ページ送りをして再生する必要があります。

iPhone・iPadでKindleの音声読み上げのやり方まとめ

iPhone・iPadでKindle本の読み上げ方法をご紹介しました。

読み上げ機能まとめ

  • iOS13以降スピーチから読み上げコンテンツ機能に名称が変更
  • 設定→アクセシビリティ→読み上げコンテンツ→画像の読み上げをON
  • 読み上げコントローラーは常時表示もできる
    • 読み上げコントローラーの位置も変更できる
    • 不透明度を下げて更に目立たせなくすることも可能
  • Kindle本でも文章が画像化された本は読み上げできない

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
Amazonで買うならギフト券チャージがお得!

Amazonで買い物するなら、Amazonのギフト券払いがかなりお得です。

1回5,000円以上の現金チャージで、最大2.5%のポイントがもらえます。

Amazonギフト券は10年間有効。セール時に家電など大きな買い物に使うのがおすすめ。もらったAmazonのポイントは1ポイント=1円換算で買い物に使えます。

  • 最大2.5ポイント還元

アカウント開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外なので注意!

この記事を書いた人

でじままらいふ♪管理人の「ゆるりた」と申します。生活を便利にするデジモノや家電が大好きです。ブログでは便利アプリ・サービスの紹介や、iPhone・パソコンなどのハウツー記事を中心に書いています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる