ブログのプロフィール画像(アバター)をVRoid Studio(3Dキャラ作成ソフト)で作ってみた

ふと、「ブログのプロフィール画像を変更したい」と思い立ちました。

ブログやSNSなどで使うアバターを作成する場合には、

  • フリーのイラストを使う
  • 有償でココナラなどで描いてもらう
  • アバター作成アプリで作成する

などがあります。

自分でかわいいアバターを描ければいいのですが画力が全く足りてません(涙)

そんな時に絵が描けなくてもキャラクターを作れる!という、VRoid Studioという3D作成ソフトの存在を知り、プロフィール画像を作成してみました。

VRoid Studioとは?

VRoid StudioはPixiv(ピクシブ)株式会社が2018年8月にリリースした、3Dキャラ(3Dモデル)を簡単に作成できるアプリケーションです。

  • Windows・Macで使える
  • 誰でも無償で利用可能

こんな高機能なソフトが無償で利用可能とかすごすぎます。

VRoid Studioでキャラを作成したらできること

VRoid Studioで作成した3Dモデルを使ってこんなことができます。

  • VR/ARプラットフォーム上(VRチャットなど)でアバターとして使える
  • 作ったキャラでバーチャルYoutuber(Vtuber)として活動なんてことも可能

VRoid Studioで作成したキャラクターの商用利用も可能

せっかくなので、自分で作ったキャラは色々利用したいじゃないですか。

今って著作権とか気になりますけど、商用・非商用問わず使えるので、安心して楽しむことができます。

VRoid Studioでプロフィール画像を作成

VRoid Studioでキャラ作成はサンプルモデルを使ってやるのが簡単

VRoid Studioでキャラを作成するには、一から作るやり方と、あらかじめ用意されているサンプルモデルを使って、髪型や目などを変更して自分好みのオリジナルのキャラクターを作っていくやり方などができます。

絵心なくても、一から作ることもできますが、自分が作りたいイメージに近いサンプルモデルを利用して変更しておく方が簡単でした。

vroid studioサンプルモデルを選んで改変していく

 

色々いじりながら、作っていきます。

目の大きさとかもメニューのスライダーから簡単に変更ができます。

Vroid Studioで目の大きさを変更する

髪型や髪の長さも、マウスで調節していくだけ。

vroid studioでブログのプロフィール画像を作成してみた

 

VRoid Studioで自分好みのキャラを作るのは結構大変だった

なお、やっぱり作り出すと、瞳の色とか形とかちょっと変えたいな~とか、服も制服かキャラクター色強い衣装しかないので、色々変えたくなるんですよね。

でも、【普通の女性っぽい】のを作りたい場合、デフォルトで用意されているものではなかなか厳しくて。

このVroidメイキング動画とかすごいわかりやすくて、ある程度の操作を覚えるのにはおすすめですし、こんな風にオリジナルのキャラを作れるんだな~と参考になります。

でも…結局はペンタブやらPhotoshop使って、ガリガリ描いていかないと無理じゃん!って画力が足りない私は挫折しそうになるわけですが。

が、しかし!

世の中にはVRoid Studio向けの服や瞳などのテクスチャ素材を配布・販売してくれている【神】もいるわけで。

VRoid Studioでテクスチャをインポートして自分好みの顔や衣装を作成

VRoid Studioはテクスチャ素材をインポートする事で、自分で作る技術が足りなくても組み合わせて、好みのキャラクターを作成することできるのです。

テクスチャの編集やインポートの仕方はこちらが参考になります。

BOOTH(ブース)っていうPixivと連携する創作支援系ネットショップサービスでVRoid向けのテクスチャが無償・有償で配布されています。

>>BOOTHでVroid用テクスチャ検索

 

有償でも安価な価格で提供されている方もたくさんいて、本当に感謝しかありません。

利用させていただいたクリエイター様

作成した3Dキャラクターを撮影用にポーズ変更したりもできます。

元のプロフィール画像。(これはスマホのアバター作成アプリで作りました)

プロフィールアイコン

VRoid Studioで作成したプロフィール画像。

Vroid Studioで作成したプロフィールアイコン

 

ゆるりた

もっと萌え系にしたい気持ちもありますが自重しました(笑)

 

作成した3DモデルはVRoid Hubに公開して他ユーザーと共有したりもできる

VRoid Studioは、Pixivのアカウントと連携して、3DキャラクターをVRMデータにエクスポートし、投稿・公開して他のユーザーと共有して評価をもらったり、利用権を付加して他の人にVRの世界で使ってもらったりすることも可能です。

VRoid Hub

もちろん、利用権を付けずに、公開だけすることも可能です。

また、今回の私のように自分だけ使う場合は、敢えて投稿しなくても大丈夫です。

VRoidHubでは、いろんな方のVRMアバターが投稿されていて、VワールドなどVRアバターで交流できるオンラインコミュニティソフトとかで利用できます。

MMORPGやアメーバピグなど、髪型変えたり好きなように自分のアバターが作れますが、根本では同じデザイン・パーツの中の組み合わせですよね。

でも、3D モデルを自分で作る人が多くなってきて、まるで映画の「サマーウォーズ」のように好きなアバターを使って、仮想空間を楽しめるようになっていきそうでワクワクしてきます(*^^*)

>>VRoidStudio

まとめ

以上、自分のブログのプロフィール画像を3DキャラメーカーのVRoid Studioで作成した記事でした。

世界中の人々が自分の分身となるアバターを使って集う、サマーウォーズの仮想世界「OZ(オズ)」が実現するのもそう遠くないと、VRoid Studioを使ってみて思いました^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です