MakeCode for Minecraftをマルチプレイで複数接続する方法

マインクラフトWindows10版の世界でプログラミングができる、MakeCode for Minecraft(メイクコードマインクラフト)を小学生の息子と楽しんでいます。

YoutubeでMakeCodeの動画を見ていたら、Agentくんが3体いる動画がありまして。

これってマルチプレイ上で3人がホストのワールドにMakeCodeを接続できているわけなのですが、やり方をいくら探しても見つかりませんでした。

自力で解決できましたので、MakeCode for Minecraftをマルチプレイで複数接続する方法をご紹介したいと思います。

ゆるりた

家族で同じ世界でプログラミングが色々試せるので結構面白いですよ。

MakeCode for Minecraftをマルチプレイで複数接続するには

Makecode for Minecraftを使いながら、マルチプレイするには、ワールドのホストがMakecode for Minecraftを接続し、他のPCやiPadなどを招待する分には普通にWi-Fi内でマルチプレイをするだけです。

でも、他のPCもホストと同じワールドでMakecode for Minecraftをするには同じようにコマンドを入力してもできません。

コードコネクションのコマンドをコピー

マイクラで不明なコマンドと拒否される

「不明なコマンド:wsserver。このコマンドが存在し、これを使用する権限があることを確認してください」

というメッセージで、Makecodeを接続するコマンドが弾かれてしまいます。

解決方法は、マルチでプレイする他のユーザーにコマンドを実行できる権限を付与することでした。

マインクラフトでコマンドを実行する権限をユーザーに渡す方法

マインクラフトでマルチプレイするときに、接続するプレイヤーには権限があります。

デフォルトでは、

  • ワールドを開放するホストプレイヤーは、オペレーター(王冠アイコン)
  • 他のプレイヤーはメンバー(★のアイコン)

という権限を与えられています。

Makecode for minecraftを他のPCでも実行できるためにオペレーター権限を渡す

コマンドを実行できる権限はオペレーターですので、他のプレイヤーの権限を「オペレーター」に変更します。

ワールド画面からキーボードの「ESC」キーを押すと、以下の画面になり、プレイヤー権限の変更がわかりますので、変更したいプレイヤーの権限のアイコンをクリックします。

マインクラフトのプレイヤー権限を変更する

権限レベルが「メンバー」の場合、

  • オペレーターコマンド=いいえ
  • テレポートの使用=いいえ

となっています。Makecode for Minecraftを使うには、オペレーターコマンドを許可する必要があります。

プレイヤーの権限レベルをメンバーからオペレーターに変更するには、権限レベルをクリックして、オペレーターを選択します。

マイクラ メンバーからオペレーター権限に変更

他プレーヤーの権限がオペレーターに変更され、アイコンも変更されました。

「戻る」を選択してワールドに戻ります。

Minecraft権限をオペレーター(OP)に渡した所

 

権限をオペレーターにすると、他のユーザーでもMakecodeが起動できるようになります。

エージェントが2体に増えました\(^o^)/

Makecode for Minecraftでマルチで起動(複数接続)する方法まとめ

マインクラフトでプログラミングできるMakeCode for Minecraft(メイクコードフォーマインクラフト)をマルチで起動して同じワールドでプログラミングができる方法を紹介しました。

家族でMakecodeをやってみたい方は参考にしてください。

Makecodeのおすすめ解説本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です