iPhone/iPadにキーボードを接続する方法・使い方!Bluetoothで設定して文字入力も楽々

iPhone/iPadにキーボードを接続する方法と使い方

  • iPhone、iPadで長文の文字入力するのって大変。
  • 特にiPadのソフトウェアキーボードは使いづらい…(^_^;)
  • iPadで外付けのキーボードを使いたい

Bluetoothのワイヤレスキーボードを使えば、スマホやタブレットに簡単に接続できます。

この記事では、iPhone・iPadにBluetooth(ブルートゥース)キーボードを接続する方法と使い方をご紹介します。

ゆるり

長文メールや資料作成のタイピングもはかどります!

iPhone/iPadにキーボードを接続するには

iPhone、iPadにキーボードを接続する場合、無線(ワイヤレス)または有線があります。

  • Bluetoothキーボード(無線)
  • 無線2.4GHzキーボード
  • USBキーボードをアダプター使って接続

有線の場合はUSBキーボードを繋げる場合に、ライトニングケーブルに変換するアダプターが別途必要で5,000円弱かかります。

また無線2.4GHzキーボードにはUSBポートに挿すレシーバーが必要で、iPhone、iPadで使うにはやはり変換アダプターが別途必要になります。

無線2.4GHzキーボードのメリットは接続したいデバイスとキーボードに距離がある場合に威力を発揮しますが、スマホ、タブレットとキーボードの距離を離す必要性はないですし、

 

MEMO
有線にもこだわりがなければ、Bluetoothで接続するワイヤレスキーボードがやっぱり簡単・便利・安いのでおすすめです。

Bluetoothの設定(ペアリング)さえすれば、簡単にiPadなどから外付けの物理キーボードを使うことができます。

 

ゆるり

うちで使っているのはLogicoolのBluetoothキーボードです。

マルチデバイス対応で、Bluetoothが搭載されているiOS、Android、Windows PC、Mac、Fire HD、Fire TV stickや、PS4のゲーム機でも使えます。なお、Nintendo switchでは使えません。

また、スマホやタブレットを立てかけられるスロットもついています。

iPhone・iPadにBluetoothキーボードを接続する設定方法

LogicoolのBluetoothキーボードをiPadに接続する方法をご紹介します。

キーボードの電源を入れます。K480は背面に電源スイッチがあります。

BluetoothキーボードをiPhone・iPadにペアリング

まずキーボードとiPadなどを接続するために、ペアリング設定が必要です。

Logicool K480キーボードでは、最大で3台のデバイスに同時接続が可能で、ダイヤルを回すだけで接続デバイスを簡単に切り替えができます。

とりあえず、1番で設定し、右側のBluetooth接続のiOS/Mac OS【i】ボタンを3秒以上長押しすると、青く点滅します。

ロジクールのK408BluetoothキーボードをiPadに接続する方法

 

青く点滅したら、iPhone/iPadで「設定」→「Bluetooth」の画面にいき、

iPhone・iPad設定アイコン

その他のデバイスに「Keyboard K480」キーボードが表示されるので、タップして選択します。

接続されると、自分のデバイスの所に、Keyboard K480 接続済みという表示になります。

これで、iPhone/iPadとBluetoothキーボード「K480」の接続が完了で、キーボードから入力ができるようになります。

iPhone・iPadでのBluetoothキーボードの使い方

Bluetoothでペアリング設定が済んだ後は、あとはメモアプリなど文章を入力するためのアプリを立ち上げて、キーボードから入力するだけです。

キーボードにもよりますが、LogicoolのK480キーボードでは

  • ローマ字入力
  • かな入力

が可能です。Ctrl+スペースで入力モードを切り替え可能です。(Capslockでも可)

またファンクションキーなどには、それぞれiPhone・iPadで使えるショートカットキーが割り当てられていたりします。

  • F1:ホーム画面
  • F2:ページアップ(トップに戻る)
  • F7:音楽の再生/一時停止
  • FN+C:コピー
  • FN+V:貼り付け

といった感じです。

iPadに接続したBluetoothキーボードで入力してみた動画

iPadにキーボードを繋げて、タイピング練習サイトの「e-typing(イータイピング)で試し打ちをしてみました。

まあまあ速く入力できてると思いますので、参考までに(*^^*)

まとめ

iPhone・iPadに接続して使えるBluetoothワイヤレスキーボードの設定方法・使い方をご紹介しました。

スマホやタブレットで、長文の入力に不満を感じているなら、外付けのBluetoothキーボードが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です