PDFのフォントがおかしい!Edgeブラウザでの表示について

確定申告時にPDFで帳票を出すのですが、いつの間にかPDFを開くとEdgeブラウザで起動になり、フォントの表示がおかしい、変わる現象が起きました。

調べてみると、最近のMicrosoft Edgeブラウザや、ChromeブラウザでPDFを閲覧すると、意図しないフォントが選択されて文字の表示がおかしくなるようでした。

一番簡単な対処法としては、PDFを開く規定のプログラムを「Adobe Acrobat Reader」にすることで解決できます。

ほか、PDFのフォント表示について色々調べたので、備忘録としてまとめておきます。

目次

スポンサーリンク

簡単な対処法 PDFを開く規定のプログラムをAdobe Acrobat Readerに変更する

簡単な解決法として、PDFを開く規定のプログラムをAdobe Acrobat Readerに変更することで、フォントの表示は解決されるはずです。

Adobe Acrobat Readerは、Adobeのサイトから無料ダウンロード&使用できます。PDFの表示・印刷・注釈の追加などができますので、PDFをよく使う方はインストールしておいた方が便利です。

PDFを開く規定のプログラムの変更の仕方は、

  1. PDFファイルを選択して右クリック
  2. プロパティを選択
  3. 「全般」タブからプログラムの「変更」をクリック

「今後の.pdfファイルを開く方法を選んでください。」と出るので、その他のオプションから「Adobe Acrobat Reader DC」を選択して「OK」にします。

これで、今後PDFファイルをフォルダから開く場合は、Acrobat Readerが起動して表示されます。

なお、WebブラウザからのPDFリンクの場合は、そのまま使用中のブラウザで表示されますので、PDFによってはフォントがおかしい問題は解決されないままです。

 

PDFのフォント表示がEdgeやChromeブラウザでおかしくなる原因

フォントが埋め込まれていないPDFで起きる

どういうPDFが、EdgeやChromeでフォントがおかしくなるかというと、PDFにフォントが埋め込まれていない場合に起こります。

確定申告で出力した帳票PDFのプロパティを見ると、

  • この文章で使用しているフォント:GothicBBB-Medium(モリサワの中ゴシックBBBが指定されている)
  • 実際に使われているフォント:KozGoPr6N-Medium(アドビの小塚フォント)

となっています。

PDFファイルがフォント埋め込みでない場合、指定されているフォントがPCにインストールされている場合はそのまま表示されますが、ない場合には代替フォントが使われます。

ここで問題になるのは、EdgeやChromeが使う代替フォントがWindowsではお馴染みのMSフォントやメイリオなどでもない為、【フォントが変】という状態になります。

ちなみに私の場合は、以下の画像のように、ブラウザで表示されると「かわいいフォント」になっていました。

環境によっては、毛筆フォントになったり印鑑のフォントみたいになったりして、読みにくい&読めない…という状態になる場合もあるようです。

ゆるりたのアイコン画像ゆるりた

それに比べると、「税関連のPDFなのにフォントがかわいいのが気になる…」レベルは大したことではないのですが…。

ちなみにプリンターで印刷するとどうなるか?というと、かわいいフォントのままではなく、Acrobat Readerで表示したのと同じ見た目のフォントで印刷されました。

あくまでも、EdgeやChromeでのブラウザで表示の場合のみ、意図しない代替フォントが適用される、ということみたいです。

最近のMicrosoft Edgeは Chromium というGoogle Chromeをベースにしたものを利用しているので、EdgeでもChromeでも同じフォントが使われていました。

EdgeやChromeで使うPDFのフォントを変更できるのか?

では、EdgeやChromeで代替されるフォントは設定で変更可能か?というと、調べた限り、変更できる設定はありませんでした。

そもそも、このフォントってどうやって選ばれているのか?というと、どうもPCのフォント設定で一番先に表示される日本語フォントが選択されているようなのです。

Windows10のフォント設定を開くと、

私のPCのフォントで一番上に表示されるのって、フリーフォントの「07やさしさゴシック」なのですが、確かにこのフォントがEdgeやChromeでのPDF代替フォントに使われていました。名前が07から始まるので、ソート(昇順)で選ばれてるのでしょうね。

読めないフォントを代替されて、困っている方は、やさしさゴシックをインストールしてみるのも手かもしれません。

同じサイトのロゴたいぷゴシックでもイケると思います。

ちなみにフォントのインストールは、解凍してフォントファイルをダブルクリックすると、フォント画面が開くで、「インストール」をクリックすると、コンピューターにインストールされます。(フォントファイル右クリック→メニューからインストールでも可)

 

PDF Viewer拡張機能を入れる方法もある

日頃Web上のPDFをよく閲覧する人で、読みにくい代替フォントが選択されて困る場合には、拡張機能をインストールすることで解決できる場合もあります。

Chrome拡張機能 PDF Viewer

PDF Viewerは、HTML5を使用してPDFファイルをブラウザに直接表示します。

Microsoft Edge拡張機能 PDF Reader

Edgeの拡張機能にも開発者とかは違うみたいなのですが、Mozillaのpdf.jsライブラリを使用して、ブラウザにPDFファイルを表示するアドオンがあります。

Chromeに拡張機能を入れてPDFを表示させると、以下のようなフォントに変更されました。

ゆるりたのアイコン画像ゆるりた

ChromeやEdgeでのフォント埋め込みではないPDFファイルのフォント表示がおかしい場合は、試してみてください。

数回なら、PDFをダウンロードしてその都度Acrobat Readerで開くで良いと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
Amazonで買うならギフト券チャージがお得!

Amazonで買い物するなら、Amazonのギフト券払いがかなりお得です。

1回5,000円以上の現金チャージで、最大2.5%のポイントがもらえます。

Amazonギフト券は10年間有効。セール時に家電など大きな買い物に使うのがおすすめ。もらったAmazonのポイントは1ポイント=1円換算で買い物に使えます。

  • 最大2.5ポイント還元

アカウント開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外なので注意!

この記事を書いた人

でじままらいふ♪管理人の「ゆるりた」と申します。生活を便利にするデジモノや家電が大好きです。ブログでは便利アプリ・サービスの紹介や、iPhone・パソコンなどのハウツー記事を中心に書いています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる