dTVの解約・退会方法 iPhoneからでもOK!

dTVの解約・退会方法 解説 スマホでも簡単

dTVの解約・退会方法はどうやってやるのか手順を知りたい。
dTVの無料お試しを試してみたいけど、解約しにくいのでは?と心配。

など、月額課金制のサービスを申し込む時にちょっと不安になりますよね。
また忙しくて全然動画が見れないと、月額払っているのがもったいないと感じたりしもします。

dTVの解約は、順を追ってやれば問題なくできますし、数分で終わります。

この記事では、dTVの解約方法・手順を画面解説付きでまとめました。iPhoneなどスマホから簡単に解約することができるので、参考にしてくださいね。

ゆるり

au・ソフトバンクユーザーでもiPhoneから普通に解約できるよ!

dTVを解約する際の注意事項

dTV解約はいつまでにするのがいい?

  • 無料お試し中なら無料期間終了日の直前
  • 数ヶ月継続中なら月初1日課金、月末まで有効なので、月末直前

が一番、利用できる期間が多いのでお得です。ただし、メンテナンスが入ったりする可能性もあるので数日前に解約する方が無難です。

解約手続き後すぐに見られなくなる&日割り計算もされない

解約、退会処理になりますので、完了したら動画はもう見られなくなります。月末まで利用可ではありません。

また月額利用料の日割り計算もされません。

無料トライアル中の解約はその時点でトライアルも終了

無料お試し期間中に解約すれば料金は発生しませんが、無料期間の残り日数があっても、解約した時点でトライアルも終了になります。お試しは初回のみですので、解約後に再契約する場合には、即月額料金が発生します。

dTVの解約方法・手順(iPhoneの画面)

スマホやタブレットでdTVを視聴する場合にアプリを利用していますが、解約の際は、アプリからではなく、ブラウザ経由でdTVのサイトにログインする必要があります。


  • STEP.1
    dTVサイトにログインしたら「メニュー」を選択
     

    dtv解約方法 メニューから 

  • STEP.2
    「退会」を選択

    プルダウンしたメニューから退会を選びます。

    dtv 退会を選択

     


  • STEP.3
    dTVの会員解約画面

    「月初に解約しても月末に解約しても料金は変わりません」など注意事項が出てきます。

    会員ランクもリセットされるよ!という引き止め案が出てきますが、解約するならそのまま一番下の画面までスクロールしてください。

    dtv会員解約画面 

  • STEP.4
    メールサービスの停止チェックと、「利用規約に同意し、解約する」を選択

    dtvの会員解約を行う

     


  • STEP.5
    dアカウントのログイン画面になるのでログイン

    dアカウントのログイン画面

     

  • STEP.6
    「dTV 注意事項」を選択して開き、内容を確認する

    注意事項を開いて読まないと、「同意する」のチェックが表示されません。

    dTV注意事項を確認

    dTVの注意事項に同意する」にチェックし、下に進む

     

  • STEP.7
    「dTV 注意事項」を選択して開き、内容を確認する

  • STEP.8
    更に注意事項が続き、確認したら「次へ」を選択

  • STEP.9
    ドコモオンライン手続き利用規約に「同意するにチェック」をし、「手続きを完了する」を選択

    dtv解約手続きを完了する

ゆるり

これで無事にdTV解約完了となります。

ドコモオンライン手続きから直でも解約可能

なお、dTVの解約は、ドコモのオンライン手続きから直接行って解約も可能です。

My docomo」にアクセス

「ご契約内容の確認・変更」を選択

dアカウントのID(ログインメールアドレス・パスワード)を入力してログイン

dアカウントのログイン画面

ドコモオンライン手続き/ご契約内容確認・変更画面から、「dTVの解約」を選択

dtvの解約 ドコモオンラインから

あとは、Step6から同様です。>>Step6にジャンプ

 

dTV解約・退会の仕方、手順まとめ

dTVの解約のやり方をiPhoneの画面で解説しました。手順自体は数分で完了します。解約時期に気をつけてください。

忙しい時はなかなか時間が取りにくいですが、エンタメを楽しむ時間を持つと心の栄養になっている気がします。

ちょっと余裕が出てきたらまた再開してみると楽しい作品に出会えるかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です