\年賀状の時期になりました。スマホで作れるおすすめ年賀状アプリはこちら/

子供の友達に家のWi-Fiを開放するのは大丈夫?安全に接続する方法

子供の友達にWi-Fiを開放するのは大丈夫?

  • 子供の友達の3DSやSwitchなどゲーム機を自宅のWi-Fiに接続してあげるもの?
  • Wi-Fiパスワードって他人に教えるのは大丈夫?

子供の友達の家でWi-Fiに繋げてもらったなどと聞くと、うちも接続してあげた方がいいのかな…でもちょっと心配。とか迷いますよね。

結論としては自宅のWi-Fiパスワードを他人に教えるのはセキュリティ的にやめた方がいいです。

では、子供の友達やママ友、親戚などでも外部の人にはWi-Fi許可しない方がいいのか? 全部ダメとなると困る場合もありますよね。

我が家では、Wi-Fiルーターのゲストネットワーク機能を使って、来客専用のSSIDを設定し、子供の友達などに使ってもらうようにしています。

この記事では子供の友達など他人に家のWi-Fiを開放することの注意点と、ゲストネットワークについて解説します。

自宅のWi-Fiを子供の友達などに開放する注意点

自宅のWi-Fiを開放して、教えたパスワードが漏れてしまった場合に以下のようなリスクがあります。

Wi-Fiパスワードを他人に教えるリスク
  • 知らぬ間に自宅のWi-Fiが他人にタダ乗りされてフリーWi-Fi状態になっていた…
  • 悪意のある人に漏れて自宅のネットワークに侵入された…

小学生の子供の友達ですと、せいぜい家の近くで知らない子達まで集まってフリーWi-Fi状態になっていた…くらいのものでしょうが、気持ちの良いものではありません。

更にそこから広がって、悪意のある人にパスワードが漏れて…という可能性もあるので、自宅のWi-Fiパスワードは教えないに越したことはありません。

心配ならWi-Fiのパスワードを変更する

Wi-Fiルーターの管理画面から自由に変更可能ですので、パスワードの漏洩が気になるなら変更しておくことをおすすめします。

なお、Wi-Fiパスワードを変更した場合、3DSだけでなくiPhoneやiPad、全ての無線デバイスは繋ぎ直しになります。

Wi-Fiルーターの管理画面のパスワードも初期のままなら変更する

Wi-Fiルーターの管理画面のパスワードも初期設定のままでは安全性が低い状態です。初期パスワードのままであれば、管理パスワードも変更しておいた方がいいです。

ゆるりた

このように自宅のWi-Fiパスワードを教えると色々と面倒・リスクが伴うので、次に説明するゲストネットワーク機能を使用するのをおすすめします。

来客専用のSSIDを作れるゲストネットワーク機能を使う

Wi-Fiルーターの中にはゲストネットワーク機能(ゲストポート)が付いているものもあります。

ゲストネットワーク機能を使うと、普段利用しているSSID(ネットワーク名)とは別にゲスト用に開放するSSIDを設定することができます。

ゲストネットワーク機能
  • 通常の家のネットワークとは分離したSSIDを設定できる
  • 安全に来客用にインターネットのみ接続できる環境を作れる
  • ゲスト側から家のローカルネットワークにアクセスは遮断されている
  • 最近のWi-Fiルーターなら安価な製品でも対応している場合が多い

通常のネットワークとは別のSSIDになるので、来客時だけゲストネットワークを有効にして、来客が帰った時には無効にすればより安心です。

Wi-Fiルーターのゲストネットワーク設定方法

Wi-Fiルーターのゲストネットワークの設定方法は簡単です。

我が家で使用しているのはTP-LinkのWi-Fiルーターです。

TP-Linkルーターの管理画面での説明になりますが、基本的な設定はどのメーカーでも同じかと思います。

Wi-Fiルーター管理画面からゲストネットワーク設定に

Wi-Fiルーターへのアクセスは、ブラウザのアドレスバーに、「192.168.0.1」や「192.168.1.1」などWi-FiルーターのIPアドレスまたはアドレスからアクセスするか、ルーターによってはスマホのアプリから設定できるものもあります。

ゲストネットワークの設定では、2.1GHz、5GHzどちらでも設定できます。

例では、「ゲストネットワーク」→「詳細設定」のタブから以下のように設定しました。

TP-LINKWi-Fiルーターのゲストネットワーク設定

  1. 「ゲストどうしを見えるようにする」にチェックしない
    ※ゲストネットワークの無線デバイス同士で通信できるようには許可しない
  2. 「ゲストが自分のローカルネットワークにアクセスすることを許可する」にチェックしない
    ※家のLANにアクセス許可する必要がないので(むしろしたら困るので)チェックしない
  3. 2.4GHzの有効「レ」にチェック
  4. ネットワーク名(SSID):「TP-Link_Guest-1」 に変更
  5. セキュリティ:WPA/WPA2パーソナル(そのまま)
  6. バージョン:WPA2-PSK(そのまま)
  7. 暗号化:AES(そのまま)
  8. パスワード:Wi-Fiパスワードを入力(通常のとは違うものに)

全て設定が終わったら「保存」をクリックします。

ゲストネットワークのSSIDに接続する

Wi-Fiルーターで設定したゲストネットワークSSIDは、通常のSSIDと同じようにiPhone、iPadなどでも接続できますし、3DSやSwitchでももちろん無線アクセスポイントとして認識されます。

iPhoneのWi-Fi一覧に設定したゲストネットワークが表示されている例

 

3DSでゲストネットワークに接続する場合

「接続先の登録」→「自分で設定する」

3DSからWi-Fiのゲストネットワークに接続する

「アクセスポイントを検索」で検索して、Wi-Fiルーターで設定したゲストネットワークのSSIDを選択します。

あとは通常のWi-Fi接続と同様に、ゲストSSIDのパスワードを入力して設定でゲストネットワークでの接続が完了になります。

3DS アクセスポイントを検索してゲストネットワークに接続

まとめ

子供の友達が遊びに来たときに、3DSやSwitchなどゲーム機を家のWi-Fiに接続してあげる機会が増えてきました。

これからもパケットの問題でスマホをWi-Fi接続させてという場合も増えそうです。

Wi-Fiルーターのゲストネットワーク機能で来客専用のSSIDを別途作って対応するのが今の所安心な方法だと思いますので、使い方等をまとめました。

最近のWi-Fiルーターはゲストネットワーク対応のものも多いと思いますが、未対応だったり、Wi-Fiデバイスが増えていて通信が途切れるとか遅いと感じるなら買い替えタイミングかもしれません。

うちでも、Wi-Fi機器が多くなり過ぎて接続が不安定になったので最大接続台数の多い機種に買い替えました(^_^;)

TP-Link Archer A10(AC2600)の購入レビュー TP-LINK Archer A10(AC2600)を購入したのでレビュー Wi-Fiが頻繁に切れる問題も解決!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です