Microsoft 365 Personal の定期請求を無効にして自動更新しない方法

Microsoftから「Microsoft 365 Personal サブスクリプションについて予定されている次回のお支払い」として以下のようなメールが来ました。

「Microsoft 365 Personal サブスクリプションについて予定されている次回のお支払い」のメール

このままですと、自動更新で1年分請求されてしまいます。

私は公式からではなくAmazonでお安く購入してサブスクリプションを更新しているので、定期請求を無効にしました。

この記事では、Microsoft 365 Personalサブスクリプションの定期請求を有効から無効に変更して自動更新しない方法についてまとめましたので参考になれば幸いです。

目次

Microsoft 365 Personalの定期請求を無効にする方法

Microsoft 365 Personalの定期請求の有効・無効の設定はマイクロソフトのアカウント管理画面から変更することができます。

Microsoft 365 Personal管理画面から定期

マイクロソフト公式サイトの「サブスクリプション管理」ページにアクセスします。

サインイン画面が出たら、マイクロソフトアカウントの登録メールアドレスとパスワードでサインインします。

マイクロソフトアカウントサインイン画面

サービスとサブスクリプションから管理を選択

Microsoft 365 Personalの「管理」をクリックします。

定期請求を無効にする

Microsoft 365 Personal の定期請求を無効にする

「 Microsoft 365 Personal の定期請求を無効にしますか? 」という画面になるので下の方にある「定期請求を無効にする」を選択します。

現在のサブスクリプション サイクルが終了すると、これらの特典が失われます。と表示されますが、1TBのOneDriveなどサブスクの期限を更新している間は使い続けられます。

定期請求オフの完了

「Microsoft 365 Personalサブスクリプションの定期請求をオフにしました。」という画面になったら、定期請求がオフになっています。「サブスクリプションに戻る」をクリックするとまた管理画面に戻ります。

Microsoft 365 Personalの定期請求オフの確認

Microsoft 365 Personalの定期請求がオフになっているか確認するには、サブスクリプション管理画面から、「定期請求オフ」と表示されていればOKです。

サブスクリプションの有効期限も表示されているので、使い続けるには、マイクロソフト公式から購入するか、もしくはほかのショップからMicrosoft 365 Personalの利用権(オンラインコード)を購入してコードを反映させれば、期限を更新できます。

私はここ5年位Amazonから購入してサブスク更新しています。公式よりAmazonの方が安く購入できるからです。

AmazonのMicrosoft 365 Personal 1年分オンラインコード

マイクロソフト公式だと¥12,984/年ですので、価格を比較してみてください。

Amazonで Microsoft 365 Personal を購入して更新する方法は以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

ちなみに、サブスクの更新は更新切れまで待たなくても追加で1年分延長になります。

2022年の1月に更新しましたが、有効期限が1年分延長になっています。

Amazonで購入するのに有効期限のタイミングとか考えなくても大丈夫です。

たまにセール、キャンペーンなどでお得に買える時に買うと良いですよ。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる