Office 365 SoloをAmazonで安く更新する方法(Microsoft 365 Personal)

2020年4月21日よりOffice 365 Soloは「Microsoft 365 Personal(マイクロソフト365パーソナル)」に名称変更されました。従来のOffice 365 Soloは自動的にMicrosoft 365 Personalに切り替わっています。

ExcelやWordなどをよく使用するので、Office 365 Solo(オフィス365ソロ)を年間契約しています。

有効期限の1ヶ月前を過ぎると、Microsoftから「Office 365 Solo の契約終了に関するお知らせ」や「確認: Office 365 サブスクリプションを更新してください」というメールが届くようになります。

またExcelを開くと、「サブスクリプションの更新 Officeアプリケーションを継続して使えるように、◯◯日までに更新してください。」というメッセージが表示されるようになります。

サブスクリプションの更新 Officeアプリケーションを継続して使えるように、期限までに更新してください。というメッセージがExcelに表示される

しかしこのまま、Microsoft公式から更新、購入をするより、AmazonでOffice 365 Solo(1年分)を購入して更新した方が安くできます。

今回は、Office 365 SoloをAmazonで安く購入し更新する方法をご紹介します。

Amazonで購入しても、しっかり有効期限が終了してからの1年分のカウントになりますので安心してください。また、更新だけでなく初購入でももちろんAmazonから可能です。

Office 365 Soloをもっと安く購入できるショップも時々見かけますが、アクティベーション問題などでうまくいかなかったという声もあるので、安心のAmazonで私は毎回購入・更新してします。

2020年4月21日よりOffice 365 Soloは「Microsoft 365 Personal」に名称変更されました。従来のOffice 365 Soloは自動的にMicrosoft 365 Personalに切り替わっています。この記事で紹介しているAmazonで購入したOffice 365 Soloも何もしていませんが自動的に切り替わりました。

目次

スポンサーリンク

事前にチェック!Office 365 Soloの自動更新が停止になっているかどうか

サブスクリプション更新のお知らせが表示されている場合、念の為、Office 365 Soloが自動更新が停止になっているかどうか確認した方が良いでしょう。

自動更新がオンになっていると、Microsoft 公式ストアの方で購入になり、更新料として年額12,984円または月額1,284円(消費税込み)の価格で請求されてしまいます。

Office 365 Soloの自動更新を停止(無効)にする方法はMicrosoft公式:家庭向け Office 365 の継続請求を有効または無効にするに説明がありますが、この記事でも簡単に方法をご紹介します。

サービスとサブスクリプションページにアクセスし、アカウント(メールアドレス)とパスワードを入力しMicrosoftにログインします。

以下のように、「定期請求を有効にする」というリンク表示がされていれば、現在、自動更新が停止の設定になっていますので、そのままでOKです。

逆に、「定期請求(または継続請求)を無効にする」というリンクが表示されていれば、自動更新がオンになっていますので、リンクを選択し、自動更新を停止させるよう設定が必要です。

Office 365 Soloの自動更新(定期請求)を停止(無効)かどうか確認する

 

公式より安いAmazonでOffice 365 Soloを購入する

Office 365 Soloの価格の違い(MicrosoftとAmazon)

  • Microsoftストアで更新(購入)なら年額12,984円または月額1,284円(消費税込み)
  • Amazonでは11,232円(2019/1/11現在)でした。(日によって変わる場合があります)

Amazonだと1,000円位は安く購入できます。

Office 365 soloがAmazonのキャンペーンで安くなる場合もある

キャンペーンやセールでOfffice 365 soloが更に安くなる場合もあります。過去にAmazonプライムデーやサイバーマンデーセールで10%割引になっています。

更新対象者限定の割引クーポンもあったりもします。私の場合、1年前にAmazonでOffice 365 Soloを購入していたので更新対象者でしたので今回このクーポンを使って更新をしました。

Amazonで更新対象者限定のOffice 365 Solo割引クーポン

>>AmazonのOffice 365 Solo 更新対象者限定クーポンページ

終了していたらすみません!

Office 365 SoloをAmazonで購入する場合の手順

Office 365 Soloを購入する

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限を購入します。

「カートに入れる」→「レジに進む」→支払い方法を選択し「次に進む」

クーポンコードがあれば入力して「適用」すると、割引された価格になりますので、問題なければ「注文を確定する」を選択

購入完了したら、以下の画面になりますので、「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」を選択し、Office 365 Soloのサブスクリプション更新に移ります。

amazonでOffice 365 Soloを購入完了しサブスクリプション更新へ

アカウントサービス>ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリに進むと、購入したOffice 365 Soloが表示されていますので、サブスクリプションの更新は「office.comへ」を選択して、Microsoftのサイトに移動します。

このリンクからアクセスすると、プロダクトキーを入力する必要なく、アカウントに紐付けられます。

amazon office 365 solo 更新とダウンロード
注意
なお、Office 365 Soloをダウンロード&インストールは、AmazonのサイトではなくMicrosoftのサイトにサインインしてプロダクトキーを登録しないとできません。

後で登録する用に Amazonダウンロードライブラリってどこかわからなくなった場合

Office 365 Soloを購入したけど、すぐに更新・登録作業しないで画面を閉じる場合もありますよね。

Amazonでソフトを購入すると「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」という場所に購入ソフト一覧がありますので、そこからアクセスできます。

Amazonのダウンロードライブラリの場所ってどこ

Microsoft(マイクロソフト)

Microsoftにサインインします。アカウントが複数ある場合には、Microsoft Office製品を登録しているアカウントでサインインをしてください。

アカウント名(メールアドレス)とパスワードを入力してサインインします。

「さあ、Officeを取得しましょう」、サインインしているユーザー名、アカウント設定の確認と出るので、Office365 Solo(1年)である事を確認し、言語を「日本語」に設定したら、「次へ」を選択します。

ここで、有効期限がすでに1年後になっている事を確認します。なお購入日が有効期限前であっても、期限終了日から1年後で日数は引き継がれます。

今回、私の場合は2019年1月11日が有効期限で、2019年1月6日に購入しサブスクリプションを更新しましたが、2020年1月10日が有効期限になっています。

罠のように定期請求(自動更新)が有効になっていますので、クリックして定期請求を無効にしておきましょう。

AmazonからOffice 365 soloを購入しサブスクリプションを更新する画面

定期請求を無効にしたら、「次へ」を選択します。

さらに、「次へ」をクリックして、サブスクリプション更新が完了します。

サブスクリプションは2020/1/11に終了しますと更新されている事が確認できます。

前の画面では、2020/1/10が有効期限と出ていましたが、こちらでは1/11に終了となっていました。

詳細は、「お支払いとご請求」でも確認できます。

以上で、AmazonからOffice 365 Soloを購入しサブスクリプションを更新する方法は終了です。お疲れ様でした。

Microsoft Personal(旧Office 365 Solo)の特徴

  • 月額または年額で最新版Officeが使える個人向けサブスクリプション型サービス
  • 利用は1人のみなので個人で色々使うのに便利なサービス
  • 常に最新のOfficeが使える
  • Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Access、Publisherが全て使える(AccessとPublisherはWinPCのみ)
  • 同一ユーザーであればインストール台数制限なしでWindows PC,Mac、タブレット、スマホにインストールできる
  • 同一ユーザーであれば同時利用は5台まで可能
  • 1TBのオンラインストレージサービスOneDrive付き
  • Skypeで毎月60分間、携帯電話や固定電話と通話可能
  • Officeテクニカルサポート(チャットや電話)付き

 

まとめ

  • Microsoft Office 365 SoloはAmazonの方が安く購入できる(公式だと年額12,984円税込)
  • Amazonで購入でも新規・更新どちらでもサブスクリプション登録可能
  • Office 365 soloは更にAmazonのキャンペーン、セールで安くなる場合もある
  • Office 365 Soloの期限切れ後でも再度Amazonで購入サブスクリプションの更新で使えるようになる

ほかのショップでも安い場合もあると思いますが、毎年問題なく出来ているので、このやり方なら特に困った事にはならないかと思いご紹介しました。

結構、Office製品は変な所で買うと、アクティベート関連でトラブったりすることもあるみたいなので…(^_^;)

最新版じゃなくていい、Excel、Wordだけでもっと安くという場合には、買い切り型の方がトータルで安くなります。

Word、Excel、Outlookが使え、同一ユーザーが使用する2台のWindowsPCにインストールができます。

2020年4月21日よりOffice 365 Soloは「Microsoft 365 Personal」に名称変更されました。従来のOffice 365 Soloは自動的にMicrosoft 365 Personalに切り替わっています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

でじままらいふ♪管理人の「ゆるりた」と申します。生活を便利にするデジモノや家電が大好きです。ブログでは便利アプリ・サービスの紹介や、iPhone・パソコンなどのハウツー記事を中心に書いています。

この記事も読まれています

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 参考になりました。ありがとうございます。ところで(意図されているのであれば余計なお世話なのですが)*************************です。

    • >通りがかりの者さん
      参考になってよかったです^^
      ご指摘ありがとうございます~漏れてました(^_^;)

コメントする

目次
閉じる