【2019】Minecraft Java版所有でWindows10版を無料でダウンロードがまだできたので方法をまとめてみた

Minecraft Java版を持っていたのでWindows10版を無料でダウンロードした方法まとめ

パソコンでマインクラフトをやる場合、現在は

  • Minecraft Java版(PC版、Modとかガチでやりこみたい人用)
  • Minecraft Windows 10版(いわゆる統合版、BE版とも。Mod不可だがiPadやスイッチなどクロスプラットフォームでマルチプレイできる)

と2種類あります。Windows10版は、2016年12月にリリースされました。それぞれ3000円ちょっとします。

我が家では以前から、Minecraft Java版を購入していて、小学生の息子が遊んでいます。

Java版の方がMODで色々遊べるので良かったのですが、マイクラでプログラミングができるMakeCodeはWindows10版でしか出来ないので、「どうしようかな…でももう1回3,000円払うのもな…」と思っていました。

そしたら、なんとMinecraft Java版所有者であれば、Windows10版(統合版・BE版)を無料でダウンロードできるという情報を今さらながら、知りました。

というわけで、無事にWindows10版を無料でダウンロードしてみました。途中無料で入手できるはずなのに購入画面が出て詰まりましたので、注意点等まとめていますので参考にしてください。

注意
なお、公式の告知では、この無料キャンペーンは2018年10月19日以前にMinecraft:Java Editionを購入したプレイヤー対象となっています。

つまり、2019年時点で新たにJava版を購入してもWindows10版は入っていない、無料期間は終了という意味になりますが、Amazonで購入できるMinecraft Java版のダウンロードコードのカードであれば、2019年6月の今でもWindows10版が無償でダウンロードできるようです。(レビューでも出来た!という声があります)

ゆるりた

以前にJava版を購入している人であれば今からでもWindows10版を無料で入手できるはずですので試してみてくださいね。

【追記】2019年6月に新たにAmazonでマインクラフトPC版を購入してみた所、無事にWindows10版もゲットできました。
詳しくは>>AmazonでマイクラフトPC版を購入してWindows10版を無料でダウンロードする方法

Minecraft Windows10版を無料でダウンロード・インストールする方法

Mojang公式サイトにアクセスして、ログインする。

ログインしたら、Minecraft Java版を購入してたら以下のような画面になるはずです。

英語ですが、内容としては、「あなたはWindows10版が無料で含まれる期間中にWindows Java版を購入しています。下記のボタンをクリックして、交換可能なギフトコードを請求してくださいね。」といった事が書かれています。

Windows10を無料で入手するため、「Claim your free copy」をクリックします。

すると、マイクロソフトのサイトに飛ばされますので、サインインするか、マイクロソフトのアカウントを持っていない場合、作成します。

サインインしたら、自動で、Windows10版用のコードが記載されていますので、「次へ」をクリックします。

注意
注意点として、この時に追加されている【マイクロソフトアカウント名(メールアドレス)】は忘れないでください。

Minecraft ウィンドウズ10版をもらうコード

 

「取得できるものは以下の通りです。」で、Minecraft for Windows 10と表示されていれば、「確認」をクリックして進みます。

 

「準備が整いました」Minecraft for Windows10がご用意されていますと表示されますので、リンクの「Minecraft for  Windows 10にアクセス」をクリックします。

マインクラフトのWindows 10で無料でダウンロードにならない場合

はい、ここで画面が以下のように「このゲームを所有しています。」「インストール」というボタンが表示されていれば、そのまま「インストール」をクリックしてください。

無事に、マイクラのJava版→無償でWindows10版がインストールできるようになっています。

マインクラフトウィンドウズ10版を無料でゲットしてインストールする

でも、確かに、Minecraft Java版経由からWindows10版をFreeでもらえるコードが表示されたのに、マイクロソフトのサイトに飛ぶと、「購入」ボタンしか表示されない場合があります。実際、私もこのパターンになり、「え、なんで?」と困りました。

MinecraftJava版からコード表示されたのにWindows10版が購入になってしまう

 

原因としては、先程Win10版無料コードをもらったマイクロソフトのアカウントに「サインイン」できていない場合に、「購入」と出てしまいます。サインインしていない場合は、コードをもらったマイクロソフトのアカウントでサインインしてみてください。

または、既に、マイクロソフトのアカウントを持っていて、別のアカウントでサインインしているので、「インストール」が出ないということが考えられます。この場合も、サインアウトして、コードをもらったマイクロソフトのアカウントでサインインし直してみてください。

Minecraft ウィンドウズ10版をもらうコード

そして更に壁は続きます。

「ああ、これでインストールできる~」と思って、「インストール」をクリックすると、「Microsoft Storeを開きますか?」で聞かれるので、「開く」をクリックしますと…

 

サインインすると、ようやくここで、「インストール」が表示され、クリックするとMinecraft Windows10版のダウンロードが始まります。

Mincraft for Windows10をダウンロードしています。(ファイルサイズ:175MB)

マインクラフトウィンドウズ10版のダウンロード開始

アプリのダウンロードが済んだら、「プレイ」が表示されるので、クリックします。

マインクラフトウィンドウズ版プレイ画面に

Minecraft for Windows10のスタート画面になりますので、これでパソコンでWindows10版が遊べます。

マイクラウィンドウズ10版を入手できました。

Minecraft Java版購入でMinecraft Windows10版が無料でついてくるキャンペーンまとめ

今回、以前のMinecraft Java版所有者は今でもWindow10版が無料で入手できたのでその方法をまとめましたが、では、2019年新規にJava版を購入した場合どうなるのか?について、情報を整理してみました。

Java版購入でのWin版の無料ダウンロード対象期間は2018年10月19日まで

Minecraft10が無料で入手できるキャンペーンについては、Mojang Support(英語)に記載されています。

Is Minecraft for Windows 10 included with the purchase of Minecraft: Java Edition?

Players who have purchased Minecraft: Java Edition before October 19th, 2018 can get Minecraft for Windows 10 for free by visiting their Mojang account. Log into account.mojang.com, and under the “My Games” heading you will find a button to claim your gift code. If you purchased Minecraft: Java Edition after October 19th, 2018, the button will not be there, so if you’re unsure of when you purchased Minecraft: Java Edition, that’s a good way to check. Pressing the button will generate a token and send you to a Microsoft redemption page.

訳:Minecraft for Windows10はMinecraft : Java Editionの購入に含まれていますか?

2018年10月19日以前にMinecraft:Java Editionを購入したプレイヤーは、自分のMojangアカウントにアクセスすることで、Minecraft for Windows 10を無料で入手できます。。account.mojang.comにログインすると、「My Games」という見出しの下に、ギフトコードを請求するためのボタンがあります。2018年10月19日以降にMinecraft:Java Editionを購入した場合、ボタンは表示されません。ボタンを押すとトークンが生成され、マイクロソフトの引き換えページに移動します。

こう記載がありますので、公式の告知としては、「2018年10月19日以降にMinecraftのJava版を購入してもWindows10版は含まれない」となります。

ですので、Minecraftの公式サイトでJava版を購入してもWindows10版は手に入らないと思って良いでしょう。

Amazonで購入できるMinecraft Java版には「Minecraft for Windows 10 無償ダウンロード」の記載あり

しかしAmazonで購入できるJava版のダウンロードコードカード経由であれば、2019年現在でもマイクラWindows10版が無料でついてくる可能性が高いです。

商品情報に以下の記載があります。

本商品を購入し、Mojang公式サイトにてMojangアカウントとMicrosoftアカウントの連携を行うと、Microsoft Storeで「Minecraft for Windows 10」を無償ダウンロードできます。

またAmazonレビュー内でも、2019年6月上旬購入で、Win10版が無償でダウンロードできたというレビューもあります。

Java版に付属するWindows10版のコードは、マインクラフト公式アナウンスでは、2018年10月で販売終了になりましたが、このAmazonの商品ページ画像2枚目「推奨動作環境」のすぐ上に「本ご購入には、カードを使用した際に提供されるMinecraft: Windows10 Editionのご利用コードが含まれます」という記入があります。この記入がある限り、Amazonで販売される商品にはWindows10版のコードも付属することになります。2019年6月上旬時点では、確かにWindows10版のコードも入手・利用できました。

【追記】2019年6月に新たにAmazonでマインクラフトPC版を購入してみた所、無事にWindows10版もゲットできました\(^o^)/
詳しくは>>AmazonでマイクラフトPC版を購入してWindows10版を無料でダウンロードする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です