スイッチのマイクラでPC・iPadなどとマルチプレイする方法

ニンテンドースイッチのマイクラとWindowsPCやiPadでクロスプラットフォームでマルチプレイをやってみたので、やり方をまとめておきます。

この記事を書くにあたり私が試したことは

  • Windows 10 PCホストサーバーにスイッチから参加のマルチプレイ(iPad、iPhone同時参加も可)
  • スイッチホストでWindows 10 PCから参加のマルチプレイ
  • スイッチホストでiPhoneから参加のマルチプレイ

となります。Andoroidでもいけると思いますが、持っていないため試せません。Kindle Fire HDでもいけると思いますのでこれはいずれ試してみたいです。

ニンテンドースイッチでのマイクラのクロスプラットフォーム間でのマルチプレイって調べると何か面倒そうだな~と思って腰が重かったのですが、やってみたら意外と簡単にスムーズにできましたので、参考にしてもらえれば幸いです。

マイクラ使用バージョン:V1.16.201
確認した日付:2021/1/6

目次

スポンサーリンク

スイッチでマイクラオンラインマルチプレイに必要な環境

ニンテンドースイッチ(Switch)のマインクラフトでオンラインマルチプレイをするために必要なもの・環境について解説します。

  • ニンテンドースイッチ本体とスイッチ用マインクラフト
  • ニンテンドースイッチがインターネットに接続できる環境
  • Nintendo Switch Onlineへの加入
  • スイッチ用にマイクロソフトアカウントを用意とサインイン

スイッチ本体とマインクラフトのソフト

スイッチ用のマイクラにはパッケージ版とダウンロード版があります。パッケージ版の方がAmazonなどだとちょっとお安く買えます。

マイクロソフト
¥3,273 (2021/04/15 15:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

マイクラソフトとスイッチ本体セットの本体同梱版もあるようですが、Amazonだとマーケットプレイスになっていて、普通の本体定価が29,980円+税ですので、ソフト代合わせてもそれよりも高くなっていますので注意です。

スイッチのインターネット接続環境

スイッチがインターネットに接続されている環境が必要です。

基本的には、インターネット回線の契約(NTTフレッツ光・プロバイダーやケーブル回線など)と、Wi-Fiルーターが必要になります。

Nintendo Switch Onlineの加入

スイッチでオンラインマルチプレイするにはNintendo Switch Onlineの加入が必要になります。家庭内LANの中で、Windows10やiPadなどのマイクラ統合版でマルチプレイする場合にも加入必須のようです。

ゆるりたのアイコン画像ゆるりた

正直、ローカルエリアネットワーク内なのになぜ?という不満はありますがそういう仕様のようです。

Nintendo Switch Onlineは有料で、継続している限り使えますが料金はかかります。スプラトゥーンやスマブラ利用などで既に加入済みなら、マイクラのために新たに加入する必要はありません。

個人プランの場合は、1アカウントのみで、マイクラでオンラインをする場合にも同じアカウントでする必要があります。

https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/onlineservice/pricing/index.html

スイッチマイクラ用にマイクラソフトアカウント連携

スイッチでマイクラをオンラインでマルチプレイする場合には、マイクロソフトアカウントが必要でスイッチでサインインして連携する必要があります。

 

スイッチのマイクラからマイクロソフトアカウントにサインインの手順

スイッチのマイクラからマイクロソフトアカウントにサインインし連携していきます。マイクロソフトアカウントを持っていない場合でもそのまま新規作成して進めていけます。サインインするのにスイッチのほかにPCやスマホなどWebブラウザを使える端末が必要です。

スイッチの接続先をローカルからオンラインに変更

とりあえず、まずスイッチのマイクラの接続先をローカルネットワークからオンラインネットワークに変更します。

スイッチマイクラのトップ画面が「ローカルネットワーク」となっていれば、現在、「オンラインネットワーク」です。

切り替えは、「Y」ボタンを押して、ネットワークモードの選択から「オンラインネットワーク」を選択で変更可能です。

ニンテンドースイッチ同士のローカル通信以外は、オンラインネットワークでのマルチプレイとなります。

スイッチマイクラ画面からMicrosoftアカウントでサインイン

スイッチのマイクラ画面から「Microsoftアカウントでサインイン」を選択します。

サインインで以下の画面が出て、「別のデバイスのこのwebサイトにアクセスしてください」と出ます。スイッチからはできないので注意

https://aka.ms/remotecoonect」にスマホやPCのブラウザでアクセスします。

ブラウザでアクセスすると、「コードの入力」になるので、上記のスイッチの画面に出ているコードを入力します。

「サインイン」で既にマイクロソフトアカウントを持っている場合は、アドレスを入力してサインイン、新たに作成する場合は、「作成」をクリックします。

うちでは、新たに作成したので、「作成」を選択しました。

マイクロソフトのアカウントを作成しようとすると、まず「電話番号」を聞かれます。

電話番号ではなく、メールアドレスでもできます。メールの場合は、「既にお持ちのメールアドレスを使う」を選択

マイクロソフトアカウント作成には、Gmailなどのメールアドレスを登録して作成することもできますし、新しいメールアドレスをマイクロソフトで作成して登録することもできます。

マイクロソフトでメールアドレスを作成する場合、outlook.jpやoutlook.com、hotmail.comのドメインを選ぶことができます。うちでは、outlook.jpのアドレスを作ってみました。

生年月日を登録する所があります。うちでは子供用にと「子供の生年月日」をいれましたが、この後とても面倒なことになりました。子供の年齢だと自動的に「子供アカウント」になってしまい、プライバシーの関連で設定変更しないとオンラインマルチプレイができないのです。そしてその設定変更自体がとてもややこしいのです。

スイッチのマイクラにしか使わなくて、子供用とかこだわらなければ、親管理用で新規に作ってしまってもいいかと思います。

Xboxのゲーマータグを設定

次に、ゲーマータグの設定に飛びます。

マイクロソフトアカウントのゲーム関連はXboxオンラインコミュニティ内で管理されているようで、プロフィールのアイコンや、ゲーマータグの設定をします。

設定したら、「始めましょう」をクリックします。

アカウント作成が完了し、ニンテンドースイッチとの連携が完了すると、ブラウザでは以下の表示になります。

スイッチマイクラとマイクロソフトアカウントが接続

スイッチマイクラとマイクロソフトアカウントが連携すると、以下のようにスイッチの画面に「Xbox LiveプロフィールでMinecraftに接続しました。」と表示されます。先程作成したゲーマータグも表示されています。

マイクロソフトアカウント(Xbox)のフレンド登録をする

オンラインでマルチプレイをするには、マイクロソフトアカウント同士でXboxのフレンド登録した状態でないと相手のワールドに接続できませんので、マルチプレイしたい相手と双方向でフレンドの追加作業を行う必要があります。

Xboxというとゲーム機の話のようですが、マイクロソフトアカウントのゲームコミュニティであるXboxオンラインコミュニティの中で、「ゲーマータグ」を使ってフレンドの追加や管理をすることになります。

PCやスマホからブラウザでフレンド追加を行う場合

マイクロソフトXboxアカウント(https://account.xbox.com/ja-jp/)にアクセスし、ログイン

「プロフィール」を選択

「フレンド」からマルチプレイをしたい相手の「ゲーマータグ」を入力して検索する

※一字一句正しく入力しないと他の人が出てきてしまったりするので、注意してください。

出てきたアカウントをクリックすると、「フレンドを追加」があるのでそれをクリックします。

これで片方のマイクロソフトアカウントからフレンド追加したことになるので、今度はもう1つのマイクロソフトアカウントからフレンドを追加する必要があります。

同じPCやスマホからやる場合、一旦サインアウトして、別アカウントでログインしなおしてから同じ方法でフレンドを追加することで双方向になります。

スイッチのマイクラからフレンド追加の場合

スイッチから行う場合は、「フレンド」タブから「クロスプラットフォームでフレンドを探す」を選択し、「ゲーマータグ」を入力して、ユーザーを検索します。

検索して出てきたユーザーのプロフィールから「フレンドを追加」で追加します。

ゆるりたのアイコン画像ゆるりた

相手側のアカウントからもフレンド追加で、双方向でフレンド追加をした状態にすればOKです。

 

スイッチと他の端末でマルチプレイをする

Windows10のマイクラのワールドにスイッチが接続する場合

Windows10側のマイクラでもマイクロソフトアカウントにサインインしておきます。

ホストサーバーになるWindows10側のワールドのマルチプレイ設定

ワールドの設定画面からマルチプレイができるように変更しておきます。

「マルチプレイヤー」設定から「マルチプレイゲーム」をON、Microsoftアカウント設定を「フレンドのフレンド」にしておきます。

マルチプレイをする範囲に「招待のみ」「フレンドのみ」と設定できますが、とりあえず一番ゆるい設定で試してみてください。

うまくできてから制限をかけていった方が無難です。(フレンドが大量にいる場合は最初から制限ありの方が良いかもしれませんが)

ワールドのマルチプレイ設定を変更したら、Windows10側のマイクラで世界を立ち上げます。

すると、スイッチのマイクラのフレンドタブに「参加可能なクロスプラットフォームのフレンド」として、Windows10のワールドが表示されていれば成功です。あとはそのワールドに入るとマルチプレイができます。

ちなみにこのワールドは「鬼滅の刃アドオン」を入れたワールドですが、スイッチで参加する場合にも、「世界のリソースパックをダウンロードしますか?」と聞かれるので、「ダウンロードして参加」をすることで、スイッチでもアドオン入りのマイクラを一緒に楽しむことができます。

アドオンもちゃんとスイッチのマイクラでも発動しました。

スイッチのワールドにWindowsPCから接続する場合

スイッチ側のワールド(世界)のマルチプレイ設定

スイッチ側をホストにする場合も、とりあえず最初はフレンドのフレンドで試してみてください。ちなみにこのフレンドはスイッチ(ニンテンドーアカウント)のフレンドとは別のものです。

マルチプレイ設定が完了したら、スイッチで世界を生成します。

フレンド状態ですと、Windows10側からスイッチのワールドが以下のように見えますので参加すればマルチプレイができます。

Windows10 PCとスイッチがフレンドならiPadは登録なしで一緒にマルチプレイ可能だった

家庭内LANの場合、Windows10とiPad、iPhoneのマイクラであれば、マイクロソフトアカウントの登録なしでマルチプレイができますので、スイッチよりも簡単です。

スイッチも一緒にマルチプレイしたい場合、全部の端末でマイクロソフトアカウントのサインインとフレンド登録が必要なのかな?と思ったら違いました。

Windows10とスイッチがフレンド状態で、Windows10 PCをホストにすれば、iPadはそのままワールドに入れますし、スイッチもiPadの側のキャラをちゃんと認識して、不具合なくマルチプレイができました。

iPadをホストにしても同様です。iPadでサインインしてスイッチのアカウントとフレンド状態であれば、あとはLAN経由なら他の端末ともマルチプレイができます。

逆に、スイッチのワールドにみんなで接続したい場合は、全部の端末でサインイン&フレンド状態である必要があります。

家族間でやる場合はちょっとそれは面倒なので、スイッチ以外をホストにする方が手軽かなと思います。

まとめ

ニンテンドースイッチのマイクラでPCやタブレット、スマホなどとクロスプレイをするやり方を解説しました。

スイッチでクロスプラットフォームでオンラインマルチプレイのポイント

LAN内でもLAN外でも必要です

  • Nintendo Switch Onlineの加入していること
  • スイッチマイクラ用にMicrosoftアカウント
  • スイッチ以外の別の端末用のMicrosoftアカウント
  • ワールドに接続するにはお互いがMicrosoftアカウントでフレンド同士であること
  • フレンドの追加はゲーマータグで検索して行う

スポンサードリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
Amazonで買うならギフト券チャージがお得!

Amazonで買い物するなら、Amazonのギフト券払いがかなりお得です。

1回5,000円以上の現金チャージで、最大2.5%のポイントがもらえます。

Amazonギフト券は10年間有効。セール時に家電など大きな買い物に使うのがおすすめ。もらったAmazonのポイントは1ポイント=1円換算で買い物に使えます。

  • 最大2.5ポイント還元

アカウント開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージは対象外なので注意!

この記事を書いた人

でじままらいふ♪管理人の「ゆるりた」と申します。生活を便利にするデジモノや家電が大好きです。ブログでは便利アプリ・サービスの紹介や、iPhone・パソコンなどのハウツー記事を中心に書いています。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる