【2018夏の大セール】Amazonプライムデー開催中

Windows10「フォト」でiPhoneの写真をパソコンに保存する方法

くま

iPhoneで撮った写真や動画をWindows10のパソコン(PC)に保存したい
iPhoneにあるすべての写真をインポートしたいんだけど、どうやってiPhoneからパソコンに転送すればいいの?

今回はWindows10から新たに標準となった「フォト」でiPhoneの写真やビデオデータを取り込みパソコン内に保存する方法をご紹介します。

MEMO
「フォト」とは? 従来の画像ビューアー「Windowsフォトビューアー」に代わり、Windows10から新たに標準アプリになった写真閲覧管理・編集機能を持つアプリ。

Windows10のフォトアプリでiPhoneの写真をインポートする方法

まずWindowsの「フォト」アプリを起動します。

iPhoneとWindows10のパソコンをケーブルで接続します。すると、「タララン♪」という音と共に、iPhone側に以下のようなメッセージが出るので、「許可」をタップします。

iPhoneを接続したときの信頼許可

「フォトアプリ」に戻り、右上に、「インポート」があるのでそれをクリック。

フォトアプリでiPhoneの写真をインポート

パソコンとiPhoneの接続・認識がうまくいっていないと、以下のように「インポートするものはありません」と出てしまう事があります。

インポートするものはありません

くま

インポートする写真はたくさんあるはずなのにおかしいな…

こういう時は、ケーブルを挿し直したりすることで、認識されたりします。

 

どうしてもうまくいかない、「このデバイス上に新しい画像とビデオが見つかりませんでした」などと出てしまう場合は、Lightning USBケーブルを別のケーブル(できればApple純正のケーブル)に変更してみる、またはこちらの記事にも対処法がありますので試してみてください。

ケーブルを挿し直していると「タンタララン♪」の音と共に、右上に「Apple iPhoneから写真を追加しますか?」というメッセージが出たら、チャンスです!

すぐさま、「再試行」をクリックして取り込みを行いましょう。

無事に認識されていると、フォトアプリが、iPhone中の写真や動画データを探しにいきます。ちょっと時間がかかる場合があるので、しばし待ちましょう。

Apple iPhoneからインポートするアイテムを選択するというウィンドウが出てきます。

この状態ですと、iPhoneにたくさん溜め込んだ写真やビデオたち全てのデータが選択された状態です。

ゆるり

iPhoneの写真たち全てをパソコンに保存するなら「続行」をクリック!

以前にもインポートしているので、一部保存したい場合は、「すべて選択解除」してから、写真を一個ずつ「レ」で選択するか、月ごと一括選択という事もできます。

↓の画像の2017年12月の横に「すべての257を選択する」をクリックすれば、2017年12月分の写真・動画だけ一括で選択できます。

Windows10 フォトのインポート設定

「続行」ボタンをクリックすると、インポートを開始しますか?という画面になります。

保存先のフォルダは自由に変更可能です。変更する場合は「インポート先の変更」をクリックします。

フォルダーにインポート、並び替え順の所は、「月」を選ぶと、以下のように撮影日の月ごとにフォルダが作成され、写真・動画が保存されます。このほかに日付ごとが選べます。写真の撮影の仕方によって「月別」「日付別」を選ぶと良いかと思います。

フォルダー保存先など問題がなければ、「インポート」をクリックで、パソコンに取り込んでくれます。

まとめ

Windows10から標準になった「フォト」アプリでiPhoneから写真や動画をパソコンに保存する方法をまとめました。

以前から、iPhoneなどの写真をパソコンに保存するには、Windowsの標準機能である「画像とビデオのインポート」機能がありましたが、フォトアプリの便利な点は、インポートするアイテムを自分で選択できる点ですね。「画像とビデオのインポート」だと、個別選択はできませんでしたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!