Looopでんきのメリット 面倒くさがりな我が家が選んだ理由

Looopでんきのメリット 面倒なのは嫌だからシンプルな所にした

電力自由化で新電力を選べるようになりましたが、その数100社以上。

「たくさんあるけど、どの電力会社を選んでいいのかよくわからない…」と迷っている人も多いのではないでしょうか。

私も同じでした。

また、色々とネットで電力切り替えの比較みたいなのを見てみましたが、「携帯キャリアの乗り換えみたいな面倒くささ、解約縛りとかまたあるんじゃないのか…」というニオイも…。

実際に、よ~~~く見てみると、

・初年度はキャンペーン・キャッシュバックでお得そうだけど次年度からはお得じゃない♪
・1年縛り2年縛りで解約違約金がある\(^o^)/
・最大◯◯円割引!(実質独自のポイントで還元中♪)

といった、トラップありの電力プランもあるんですよね^^;

「色々めんどくさいの嫌」「シンプルなのがいい」と思い…

「Looopでんきに申し込み!電力切り替えの手続きは簡単だった」でも書きましたが、我が家は「Looopでんき」変更しました。

一番は、「電気代が安くなりそうだし変えてみた」ですが、それと同時に面倒じゃない電力会社を選びたかったのです。

ちなみに我が家の場合は、有名どころですと東京ガス、ENEOSでんき、auでんきなどが選択肢にありましたが、なぜLooopでんきを選んだのかLooopでんきのメリットをまとめてみました。

Looopでんきに変更すれば電気代が安くなりそうだったから

電力自由化で電力会社を変更するのに、これが一番のメリットですよね。電気代って固定費になるので、切り替えるだけで固定費削減になるならやらない手はありません。

実際、Looopでんきの料金シミューレションで電気代が安くなるのか計算してみたでシミュレーションした所、4人家族の我が家の電気代(マンション住まい)は、年間1万円強、節約になることがわかりました。

面倒くさい節約は苦手ですが、1回切り替えるだけで年間1万円~節約になるなら、やりますよ、ええ、やります。

Looopでんきでシミュレーションしてみる

Looopでんきは解約しても違約金がかからない

Looopでんきは、いつ解約しても違約金、解約手数料が発生しません。

「電力会社を切り替えてみたけど、他社のプランの方が良かったかも…」

となっても、2年縛りなどで解約するのに違約金が発生したら嫌ですよね。

Looopでんきの違約金なしは、万が一、なにかトラブルあって変えたいとなっても、「解約手数料もあるし…」とモヤモヤする面倒さがないというのが、最大のメリットに感じました。

Looopでんきは基本料金が0円なのがいい

今までの電気代は、基本料金+従量課金の為、例えば長期旅行、長期出張などで家を長期間留守にしていた場合でも、基本料金は毎月かかっていました。

一戸建てだと50A(アンペア)以上にしている所も多いので、その分基本料金が高くなりますよね。

東京電力の場合の基本料金↓

契約アンペア 基本料金(東電)
30A 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭

 

Looopでんきは基本料金が0円でかかりません。

なので、Looopでんきに変更することで、長期に家を空ける場合にも毎月の維持費がかからない点でメリットになります。

別荘や、実家が空き家、長期出張など、たまにしか使わない場合はLooopでんきに変更すると良さそうですね。

Looopでんきは従量料金が一律でシンプルな料金体系

今まで契約していた東京電力の電気代は、1段料金、2段料金、3段料金と、使用電力量が多くなると料金が高くなっていました。

一人暮らしと違って、ファミリー世帯などは電力使用量がどうしても多くなってしまいます。

我が家の場合も、一番高くなる3段料金が5,000円超えの月とかありました。

Looopでんきの場合、使った分x一定の従量料金なのでシンプルです。

Looopでんきおうちプラン料金(2017/12/2現在)

Looopでんきのメリット従量料金が一律

ですので、家族の人数が多いファミリー世帯など電気使用量が多いはずですので、Looopでんきへの変更でお得度UPが期待できます。

Looopでんきのマイページから電気使用量を時間ごとに可視化できる

LooopでんきのWebにログインして、マイページから、毎日30分ごとの電力使用量やLooopでんきに切り替えてから節約できた節約額などが確認できます。

Looopでんき電力使用量グラフ

こうやって時間ごとにグラフにして見せられると、この時間帯は多いんだなと可視化できるのでいいですねw

 

PCがなくてもアプリで電気使用量が確認できる

なお、Looopでんきアプリという、スマホで電気使用量が確認できるアプリもあります。

パソコンがなかったり、めったに立ち上げない人はアプリの方が便利ですね。

Looopでんきの電気使用量が確認できるアプリ

 

電気のトラブル かけつけサービス「かけつけループ」が0円

Looopでんきに加入すると、「電気がつかない、停電、コンセントが焦げ臭い」などの電気のトラブルに24時間365日で駆け付けてくれるサービス、「かけつけループ」が0円でついてきます。(※東京電力管内のみ)

通常作業費、平日9,000円、土日休日・夜間 13,000円かかる所が無料になるということで、もしもの時のサポートサービスがついているのは安心かなと思いました。

Looopでんきの電気のトラブルかけつけサービス

なお、全て無料というわけではなく、

※出張費、60分以内の作業費は無料となります。特殊工具や部品交換を要するなど、作業内容により別途費用が係る場合があります。

とあるように、作業内容によっては別途費用がかかる場合も。

また、現在このかけつけループのサービスエリアは、東京電力管内で、関東地方のみが対象となっています。

Looopでんきは自然エネルギーの普及に取り組んでいる

Looopでんきの運営元である、株式会社Looop(ループ)は2011年に起きた東日本大震災で、被災地に太陽光発電システムを設置するボランティア活動から誕生した会社です。

Looopでんきの太陽光発電などの自然エネルギーでの電力調達比率は26%。

この数年で太陽光発電関連の技術革新がとても進んだので、この比率も上がっていくのではないかと思っています。蓄電、バッテリー技術革新も進みましたしね。

メリットとはちょっと違いますが、ベンチャー企業の応援的意味も少しあります。

エネルギー問題については色々と議論されていますが、イノベーションが起こる事で解決できる問題もあるかも…と個人的に思ってます。

ガンダムの軌道エレベーターも現実に?
機動戦士ガンダム00では、石油エネルギーの代わりに宇宙太陽光発電システムで世界のエネルギーを供給なんていう設定でしたが、この話、まるでSF、夢物語じゃなくなってきたらしいです。2050年に宇宙エレベーター(軌道エレベーター)の完成を目指している大林組の話もあります。

「宇宙エレベーター」現実化へ 大林組の状況を一変させた素材

この素材、カーボンナノチューブが大量生産可能なカーボンナノベルトなんてのも出てきて、技術革新が進む事で、更に加速するかも?

死ぬまでに宇宙エレベーター見たいですw

Looopでんきのメリットまとめ

Looopでんきに変更した場合のメリットをまとめてみました。

Looopでんきのメリット
  • 解約しても違約金、解約手数料なし
  • 基本料金が0円
  • 従量料金が一律でシンプル
  • Web上で電気使用量を確認できる(アプリもあり)
  • 電気のトラブルかけつけサービス「かけつけループ」が0円
  • Looopでんきの自然エネルギーでの電力調達比率は26%。

色々書きましたが、一番はシミュレーションの結果、電気代が安くなりそうだったからという理由ですので、気になっている方はまずは料金シミュレーションしてみると良いですよ。

Looopでんきでシミュレーションしてみる

メリットだけでなく、デメリットも知りたいよ!という場合には、以下の記事をどうぞ。

https://digimamalife.com/looopdenki-demerit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!